FT-IR ライブラリ

   
  FT-IRでデータを取った後の最大の問題点はチャートの解析です。チャートの解析には熟練の技術が必要です。

  現在、ほとんどのFT-IRソフトウェアにはライブラリ検索用ソフトがついており、市販のFT-IRライブラリで検索可能です。
ライブラリは実際に取ったデータより分解能が高いものを使う必要があります。
ライブラリは大きく分けて総合ライブラリと分野別ライブラリがあります。
品質管理の目的には自社ライブラリの構築が便利です。
ほとんどのメーカーのFT-IRソフトウェアには自社ライブラリを作成する機能が付いています。

  ただ、安易にライブラリ検索に依存することは危険です。
ライブラリ検索をかけるとヒット率の高いものから順番に候補が表示されますが、これらはPCがあらかじめ決められたアルゴリズムに従って選び出してきたもので、化学構造を解析した結果ではありません。
あらかじめ「どのような系のものか」の目星を付けて検索されることをお勧めします。





お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置