プロセスFT-IR

   
  近年、当社が最も力を入れている分野にプロセスFT-IRがあります。
FT-IRは従来、実験室での使用が中心でしたが、最近はプロセスFT-IRとしてプロセスの現場で、化学反応をリアルタイムモニタリングすることに使われ始めています。

  この用途に使われるFT-IRは、過酷な環境でも高精度に測定が継続して行えるプロセスFT-IRが 求められます。
24時間 365日使い続けても安定したデータを取り続けることが出来、しかもシステムが必要な精度を確保できているかどうか常に検証テストを行うバリデーションプログラムが内蔵されている必要があります。

   
  オンラインで使われる場合、光源やレーザーといった消耗品の交換は、現場の作業者が簡単に行える必要があります。
これら全ての機能を兼ね備えたプロセスFT-IRが企業のプロセス工程の品質保証を確実にします。

   
  プロセスコントロールには「光ファイバー」と「ATR プローブヘッドの組み合わせ」が本体と同じように重要です。
ATRプローブは、2回反射型ダイアモンド ATR ヘッドと中赤外用ハロゲン化銀光ファイバーの組み合わせで出来ています。

  また、内蔵の 6チャンネル自動ファイバーマルチプレクサ により、一台の MATRIX-MF で 最大6箇所までのリアルタイム計測が可能です。
また、MATRIX-MF はコンパクトサイズですので、実験室におけるモデル反応系に組み込んでも場所を取りません。

  一般的な19インチラックにも対応しますので、ラックに入れてのプロセスの計測を工業計測の標準コミュニケーション(Modbus、OPC等)でデータのやり取りが可能です。

         
       
  FT-IR用ファイバープローブの先端形状      
         
         



お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置