セラミック工業への水分計の応用

水分計

MCT460が選ばれる理由

先進的な2CPUテクノロジー 演算パワーと通信速度の向上
2ゲイン処理 正確なオンライン測定による信号強度と分解能の最適化
高速測定 製品が高速に移動する為、常に変化する値の代表値を読み取り 一貫した品質と、最大限の生産性を確保するための制御情報
"スマート"な設計 すべてのプロセスはセンサー内に内蔵
わかりやすい操作 操作が簡単でパラメータの変更も最小限の手順
測定の信頼性 デュアルビーム検出器を備えた、しっかりとした測定アルゴリズム
直接出力 アナログ、RS232/485、いろいろなネットワークプロトコルデータの流れを直接取り込み、すぐに通信プロトコルに変換
コストパフォーマンス 初期出費を低く抑えランニングコストを最小限に

  • MCT460をセラミックタイル工業に使用
  • 粘土塊の水分含有量を知り有効に使用する
  • 破損や成型不良で廃棄するタイルを少なくする
  • 時間と費用を節約:スプレードライヤーのつまりに対するメンテナンスやラボでの解析の時間遅れをなくする

エネルギーの節約

Spray Dryerの出口付近の粘土塊の水分測定は温度や適性値(通常5-6%)に合わせて水分を増やしたり減らしたりする、噴霧器の自動制御を目的に行われます。

もし水分量が大きすぎた場合、プレスしたタイルは固すぎるため寸法が変化します。
極端な場合は紛体が枝状となり、乾燥機の中での妨害物となります。

もし水分量があまりに少ないとタイルは砕け角が欠けてしまいます。

バルクとしての密度差を保ちつつ適当な水分値を達成することは、粉体をタイルとして成型する時の一貫性を確保することになります。




測定位置
スプレードライヤーの出口 水分計は通常ドライヤーの出口に取り付けられます。
そこでは製品はコンベアからコンベアへ移し替えられたり混ぜあわれたりしていますので、 代表値を読むため約1m位離した所に付けられます。
タイル成型の出口 水分計はタイルの存在をとらえる為、一対の光素子で構成されています。
通常はタイルが塵回収部を通過した後のローラーの上に設置されます。


測定能力

位置 測定範囲% 精度%
スプレードライヤーの出口 3-7% 0.15%
プレスの出口 6-7% 0.10%



お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

Process Sensors Corporation
113 Cedar Street Milford, MA 01757 USA
TEL:(508) 473-9901 FAX:(508) 473-0715

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置