卓上傾斜切削機の各部機能

卓上傾斜切削機

 
3. 卓上傾斜切削機の各部機能
 
卓上傾斜切削機 各部名称
 
 
1.試料台
サンプルは試料台の上にセットします。 サンプルの大きさは理想的には大きさ30mm角、厚み10mm 以内ですがこれよりも多少大きくても切削は可能です。サンプルは形状や材質により切削において多少の工夫が必要な場合がございますので、ご相談ください。
 
2.ゴニオステージ
試料台を固定するステージです。 このステージで高さを調整し、切削バイトが試料の表面に接触するようにします。ここで傾斜角を0.2度毎に設定します。
 
3.切削バイト(刃)
単結晶ダイヤバイトと超鋼バイトの2種類を選択していただくことができます。
 
4.バイトホルダ
切削バイトを固定する機能。
 
5.ロータリーダンバー
バイトホルダ及びバイトを固定します。  ダンパーの自重が切削圧となります。
 
6.切削移動テーブル
移動テーブルを移動することで切削を行います。  切削はすべて手動です。
 



お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置