OPAL-RTとHYPERsim

HYPERsim

OPAL-RTは系統とパワーエレクトロニクスの分野で、広範囲な電力網から詳細なシステムの検証まで、様々なソリューションを提供しております。

下図はOPAL-RTが提供するこれらのシステムの規模と制御周期の関係を一覧にしたものです。
OPAL-RTは2000ノードを超える大規模システムから、高速が要求されるパワエレ機器まで幅広い範囲のリアルタイムシミュレータを供給しております。
このうち、HYPERsimは規模としては10000ノードまでで、制御周期が10μsecまでのアプリケーションで最も効率的にお使いいただけます。また、eFPGAsimと組み合わせることで、高速現象の模擬が求められるパワーエレトロニクスと、巨大な電力網の同時リアルタイムシミュレーションが可能です。

HVDC等において非常に高速なスイッチング周波数を要求されるMMCシステムと、それらに接続される電力系統網をそれぞれに最適な制御周期で、同時にリアルタイムシミュレーションを行うことが可能です。
HYPERsimはカナダHYDRO-Quebecで送電網の解析検証の為開発されました。
広大なケベック州で60の水力発電プラントで400万の需要家に対し、総延長33,630 km、514 BUS、37,000 MWの広大な送電網をリアルタイムにシミュレーションすることが可能でした。
OPAL-RTが市場に供給するHYPERsimは、汎用のINTELプロセッサーを使い、5000ノード以上の巨大な電力網をシミュレーション解析することができ、以下の特長があります。
  1. 1000以上の3相BUSを伴う大規模の電力システムを、スーパーコンピュータと汎用のPCを使って解析が可能
  2. 経済性を考えて汎用のPCで10BUS程度の系統、リレーのシミュレーションから始めることができ、教育にも使用可能
  3. ラップトップPC上でオフラインの並列シミュレーションが可能
HYPERsimは発電 送電 配電 パワエレシステムに関係するすべての分野で有効です。
  1. スマートグリッド、マイクログリッド
  2. 太陽光発電、風力発電
  3. MMC, HVDC, FACTS, SVC, STATCOM
  4. 発電機, 燃料電池, キャパシタ蓄電
  5. PMU や SCADA (C37.118)
  6. 保護リレーシステム (IEC61850, DNP3, etc.)
  7. エネルギー蓄電
  8. Power HILシステム
  9. 保護リレー, SPS , 広範囲に渡る不安定要因の確認と制御
  10. HVDC, SVC, TCSC, AVR, PSS

巨大で複雑な電力システムや制御システムのクローズドループ試験、 複数の制御システムや FACTS、保護システム構築の解析やテスト、 保護システムや制御システムの開発・改良・評価など、様々な分野でお使いいただけます。
系統とパワーエレクトロニクスに関するリアルタイムシミュレータは、アナログシミュレータからデジタルへの移行が始まっています。

RealTimeDigitalSimulatorの時代の到来です。


1975年には350BUS 950ノードのリアルタイムシミュレーションを行うのに 2800m2ものシミュレータが必要でした。
2009年には3台のPCで、さらに2013年には1台のeMEGAsimでほぼ同じシミュレーションができるようになりました。

最近はFPGAを使用することで500nsecの制御周期で動作させるパワエレ機器と、25-50μsecの系統電力網を同時にシミュレーションさせることも可能となりました。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置
車載ネットワークツール