要求仕様書〜実装間の品質均一化・見える化ツール
DRIP -ドリップ-
要求・デザイン・知識・並列エンジニアリング


モデルベース開発

XMBD-擦り合わせ型V字プロセス

DRIPとは?

※ 図の要求仕様書は実際のDRIPの画面です
DRIPとは、要求仕様書の内容と実装の内容の対応付けを行い“見える化”し、更に品質も均一化するツールです。

・ 先に仕様書を書いてから同じ品質の実装を書く
・ 先に作った実装を元に同じ品質の仕様書を起こす
・ 改良後の実装に応じて仕様書の内容を都度改定する

DRIPはどのケースの用途にも対応できます。(更に要求と実装の個々の内容の対応付けもします)



DRIPのコンセプト


現実の現場の課題

・ 品質保証の課題
 「実装が要求通りか?」を測るには最終的にはその人を信じるしかない
 
・ 人間の不完全さの課題
 現実の人間が常に理想の作業を出来る訳ではない

・ ノウハウ共有・継承の課題
一部の「優れたエンジニア」に負担が集中し、ノウハウの共有・継承が困難


上記の様な課題は、モデルベース開発、V字プロセス問わず現場で起きています。
DRIPはこうした、これまで“人がやるしかなかった”課題を解決します。


ツール間の情報互換性ギャップ(ツールチェーンギャップ)

現場で使用されている様々なツールは、お互いに情報をやり取りするための互換性が保証されていません。

こうした状況は要求と実装の各々の要素間が紐づいていない為に生じています。
つまり、システムデザインをサポートできるツールの不在が原因と言えます。


DRIPがシステムデザインをサポート

DRIPは“要求と実装を繋げる”ことで、「システムデザインをサポートするツール」を担う事が出来ます。
DRIPをV字プロセスに応用する事で、全プロセス内の広範囲における統合開発が可能となります。


DRIPが要求の品質を担保

現実の現場では実装の修正の方が先行する傾向にあり、比較して要求の内容修正は後追いになりがちです。

DRIPが要求と実装を紐づける事によって、両者の品質を常に均一に保つ事が出来ます。


システムデザインが繋がる“うれしさ”

DRIPが要求と実装を繋げる事で、様々な“うれしさの拡張”が可能となります。

一例として、テストハーネス(実装したモデルの評価の為のモデル)の自動生成があります。
V字の右側においては、テストにテストハーネスを使用する事になります。
テストハーネスの内訳は、「実装」、「テストシナリオ」、そして「期待結果」などの指標は本来「要求」がそのまま使用されるべきと言えます。
しかし“あるべき論”で言えば、V字の右側で新たに定義するべきことは、本来何もないはずです。


テストハーネス自動生成

DRIPは要求と実装の要素間を紐づけ、品質を均一化することで“仕様変更に強いテストハーネス”の自動生成を実現します。
更に、そのテスト結果はV字右側から左側へ反映が可能となります。
これは、DRIPが“テスト”と“仕様書”のプラットフォームを共通化した事により可能となりました。


つながる工程の“見える化”

テストハーネスがDRIPの管理下に置かれる事で、V字の大部分が同一プラットフォームDRIPで繋がった事とになります。
これは上図の赤い矢印のトレーサビリティと参照を全てツールベースで実現できる事を意味すします。

プロセスがツール上で行えるという事により、各工程を視認できる形に“見える化”し、後に残すことが出来る事になります。



DRIPのGraphViewe機能で“見える化”された工程の例
見える化された工程は、関連性の追跡や工程の時系列推移といった確認が可能です。
これにより、下記をはじめとする様々な関係性(根拠となる情報が存在している)が“見える化”されます。

・実装の根拠となる設計
・設計の根拠となる要求
・設計の根拠となる知的資産(部品情報や公式・原理原則など)
・設計の評価の為のテストシナリオ
・要求の掘り起こしの経緯(抽象的な原始的要求から、設計の根拠となる具体的要まで)

DRIPは情報を繋げ、“見える化”する事で要求と実装の内容を均一化し、更に全体の品質を高めます。



動作環境
OS Windows 7(64bit), 8.1(64bit), 10(64bit)
Memory 3 GB System RAM or more
Disk space 1.5 GB of free space or more
CPU 1.44 GHz (Intel CPU) or more
Screen Resolution 1280 x 768 pixels or more


推奨環境
OS Windows 7(64bit), 8.1(64bit), 10(64bit)
Memory 6 GB System RAM or more
Disk space 3 GB of free space or more
CPU 2.40 GHz (Intel CPU) or more
Screen Resolution 1600 x 900 pixels or more

お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Engineered Mechatronics, Inc.
28175 Haggerty Road, Novi, MI 48377, USA
TEL:Ph: +1 248 513 8059

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置