DRIP -ドリップ-
要求・デザイン・知識・並列エンジニアリングツール DRIP


モデルベース開発

XMBD-擦り合わせ型V字プロセス

DRIPとは?

システムデザインのプロセスを補完する事でプロセス間の仕様抽象度をリニア化し、ツールチェーンが繋がる事で“繰り返し”がモデル化され、仕様完成度アップと同時に様々な効率化や自動化を促す事のできる統合プラットフォームです。




背景


ウォーターフォールとV字プロセス

従来型の、いわゆるウォーターフォールのプロセスは、「要求」から「実装」にかけて仕様の抽象度を落としていくプロセスでした。
単体テストからキャリブレーションにかけては、反対に抽象度を増していきます。
V字プロセスにおいても、V字左側のプロセスでは抽象度を落としていきますが、右側のプロセスでは抽象度が上がっていきます。
こうした意味では、V字プロセスはウォーターフォールを折り返したものとも言えますが、プロセスがV字になる事で、Vの左右の対応するプロセスがそれぞれ同じ抽象度のプロセスである事が判ります。
この事から、V字左側で書かれている要求仕様は、右側のテストから見た場合にテスト仕様となり得る(もしくは望ましい)事が判ります。


繰り返し

しかしながら、現実の開発において「要求」がそのままでもテストで使えるほど“しっかりした”品質である状態を常に保つことは非常に困難です。
無数の“繰り返し”の積み重ねの上に「要求」の品質が常に改善されているのが現実です。
この“繰り返し”が特に発生しがちなのが「システムデザイン」周囲のプロセスです。


ツールチェーンギャップ

現在のV字プロセスにおいて、システムデザインをサポートするツールは無い、もしくは希少です。
システムデザインがサポートされていないという事はつまり、“繰り返し”そのものをサポートしているツールが世に存在しない事とも言えます。

この状況は、要求管理ソフトと制御モデル・物理モデルの間を繋げるツールが無い事でもあります。これがツールチェーンギャップです。
そのため、“繰り返し”が人と人とのコミュニケーション(相互理解や信頼関係)の上に交わされているのが現状です。




DRIPの提案


ツールチェーンギャップを繋げる

上述の現実に対するDRIPの提案が、システムデザインのサポートです。
DRIPがシステムデザインをサポートする事で、それに関連する無数の“繰り返し”がサポート可能となります。


“繰り返し”をモデル化する

“繰り返し”がツール上でサポート可能になる事でモデル化も可能となります。
“繰り返し”の度に「要求」は次第に“しかりした内容”になって行きます。

しかし、“しっかりした内容”は非常に曖昧な表現です。
ここでは、“しっかりした内容”を、各プロセス間の成果物や文書の個々の要素が意味を持って明確に繋がり合っている事。リニア化された仕様群(プロセス)と仮定します。

DRIPの提案は大きく、それを実現する為の「プロセスの具体化」と「文書の具体化」と、それを促進するための「繰り返しのサポート」になります。
同時に、自動生成および自動事前検証などの各種自動化機能により作業の軽減も行います。
詳しくは「DRIPが実現するプロセスのリニア化」をご参照ください。


DRIPの“うれしさ”

DRIPはシステムデザインのプロセスを補完する事でプロセス間の仕様抽象度をリニア化し、ツールチェーンが繋がる事で“繰り返し”がモデル化され、仕様完成度アップと同時に様々な効率化や自動化を促します。



動作環境
OS Windows 7(64bit), 8.1(64bit), 10(64bit)
Memory 3 GB System RAM or more
Disk space 1.5 GB of free space or more
CPU 1.44 GHz (Intel CPU) or more
Screen Resolution 1280 x 768 pixels or more


推奨環境
OS Windows 7(64bit), 8.1(64bit), 10(64bit)
Memory 6 GB System RAM or more
Disk space 3 GB of free space or more
CPU 2.40 GHz (Intel CPU) or more
Screen Resolution 1600 x 900 pixels or more


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Engineered Mechatronics, Inc.
28175 Haggerty Road, Novi, MI 48377, USA
TEL:Ph: +1 248 513 8059

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置