DRIP -ドリップ-
要求・デザイン・知識・並列エンジニアリングツール DRIP


モデルベース開発

XMBD-擦り合わせ型V字プロセス

DRIPとは?

ソフトウェアDRIPは、各プロセス間で発生している”繰り返し”をモデル化し、既存ツールと紐づけ、サポートするプロセス統合環境です。


"繰り返し"の多発しがちなシステムデザイン周りのギャップ

モデルベース開発において、要求と実装デザインの間、つまりシステムデザインの領域にツールチェーンギャップがあると言われています。

ツールチェーンギャップは、「要求側(多くはOEM)で書かれた仕様書が実装側(多くはサプライヤ)で、書いた仕様の意図通りに解釈されているか?」とも言えます。
ここにギャップが生じていると、イテレーションでウォーターフォールがスムーズに流れず、次工程にうまく渡すことができません。

実装においても同様に、「いま作りこんでいる実装が、要求側の意図通りになっているか?」と言った課題が常に付いて回ります。
この部分の整合性を取る作業は、ほとんど人の手で行われているのが現状です。

このため、照合、仕様変更時のテスト、仕様書に対する実装の評価、仕様書そのものの整合性検証といった様々なステップで多くの"繰り返し"が行われています。

開発では多くの優れたソフトウェアが使用されていますが、それらは各自の得意分野のみをサポートするものであって、"繰り返し"をモデル化し、サポートするものではありませんでした。
これが、ツールチェーンギャップを生み出していると考えられます。


ツールチェーンギャップについて詳しくは下記のページをご参照ください。

ツールチェーンギャップ

あいまいな情報・実装に依存したテストシナリオとローレベル要求・実装の品質検証が困難


DRIPの提案

要求・デザイン・知識・並列エンジニアリングツール DRIPでは、そうしたMBDの課題に対して上図の様なツールチェーンを提供する事により、要求から実装までをツールベースで繋げる事が可能となります。

上図では、「検証と妥当性確認 (Verification and Validation)」にSimulinkモデルの情報をインポートしています。これを実装アーキテクチャと呼称します。

実装アーキテクチャを、マッピングを介して「ローレベルエンジニアリング」と連結します(マッピングA)。

さらに(デザイン)アーキテクチャとハイレベルエンジニアリング間をマッピングする事で、実装は「ハイレベルエンジニアリング」まで連結する事になります(マッピングB)。




こうした操作により、実装から要求までの関連付けがツールベースで可能となります。
詳しくは下記のページをご参照ください。

ハイレベルエンジニアリング

要求・デザイン・知識から実行不可能性分析まで

ローレベルエンジニアリング

アーキテクチャ・ローレベル要求・テストシナリオから実装の外殻モデル自動生成まで

検証と妥当性確認(Verification and Validation)

テストハーネス自動生成・テストから未定部の要求確定と値の最適化まで


DRIPでシステム設計プロセスをサポート
以上のプロセスを以て、要求から実装までのトレーサビリティが取れる様になり、V字プロセスはツールチェーンギャップ無く繋がりました。

要求・デザイン・知識・並列エンジニアリングツール"DRIP"により、プロセスの改善と、コスト削減を促す事が可能となります。


動作環境
OS Windows 7(64bit), 8.1(64bit), 10(64bit)
Memory 3 GB System RAM or more
Disk space 1.5 GB of free space or more
CPU 1.44 GHz (Intel CPU) or more
Screen Resolution 1280 x 768 pixels or more


推奨環境
OS Windows 7(64bit), 8.1(64bit), 10(64bit)
Memory 6 GB System RAM or more
Disk space 3 GB of free space or more
CPU 2.40 GHz (Intel CPU) or more
Screen Resolution 1600 x 900 pixels or more


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Engineered Mechatronics, Inc.
28175 Haggerty Road, Novi, MI 48377, USA
TEL:Ph: +1 248 513 8059

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置