検証と妥当性確認(Verification and Validation) -DRIP-
テストハーネス自動生成・テストから未定部の要求確定と値の最適化まで


モデルベース開発

XMBD-擦り合わせ型V字プロセス

検証と妥当性確認(Verification and Validation)

テストハーネスは、DRIPにより制御されます。
DRIPからテストの実行操作を行い、テスト結果もDRIPで受け取ります。

マッピングにより実装・ローレベルエンジニアリング・ハイレベルエンジニアリングが繋がっている事から、テスト結果はテストシナリオの期待結果に対する結果のみではなく、ハイレベルエンジニアリングに書かれたアサーションに対する結果も得る事が出来ます。

これにより、ツールベースでのV&V(Verification and Validation:検証と妥当性確認)が容易となります。


実装したモデルをインポート

DRIPは作りこんだSimulinkモデルを分析してインポートする事が可能です。

インポートされたSimulinkの実装情報がDRIP内に書かれたどの仕様に対応する情報かを関連付ける事により、 DRIPは外界(別のプラットフォーム)での実装内容を正確に取り込むことが出来ます。


マッピング

モデルのインポートが完了したら、次はマッピングとなります。
まず、インポートしたモデルの実装情報とアーキテクチャ仕様書をマッピングする事により、実装情報はDRIP内に書かれたアーキテクチャの仕様とDRIP内で連結されます。


次に、アーキテクチャ仕様書と要求をマッピングします。
これにより、実装はDRIP内で要求と連結した事になります。



実装から要求までが繋がる
マッピングにより、実装が要求とツールベースで繋がりました。

いま、実装モデル内の各要素は、接続された仕様書内の各対応部分に対応付けられ、トレーサビリティが実現しています。
実装内の任意の要素が、アーキテクチャのどこに対応するのか、要求のどこに対応するのかといったトレーサビリティを容易に取る事が可能です。

反対に、要求やアーキテクチャから実装へのトレーサビリティも取る事が出来ます。

更に、これらの情報を前述の式や形式言語で書かれた要求と共にDRIP内で演算させる事で、後述のテストハーネス自動生成事が可能となります。


テストハーネスの自動生成から以降の工程について詳しくは下記ページをご参照ください。

テストハーネスの自動生成

テストハーネスの生成が完了したら、次はDRIPよりテストケースの全パターン試験と結果の取得、最適値の算出が可能となります。

実装の要求に対する品質検証

テストケースが実装と切り離されたことにより、DRIPからテストケースを制御し、結果を受け取る事が可能です。

値の最適化(Optimize)

テストの結果より、これまで未定となっていた"値"にも最適値を入れる事が可能となります。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Engineered Mechatronics, Inc.
28175 Haggerty Road, Novi, MI 48377, USA
TEL:Ph: +1 248 513 8059

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置