テストハーネスの自動生成 -DRIP-
テストハーネス自動生成・テストから未定部の要求確定と値の最適化まで


モデルベース開発

XMBD-擦り合わせ型V字プロセス

テストハーネス自動生成


マッピングにより繋がった各要素の情報からテストハーネスを自動生成
DRIPはプロセスの各所で書いた「」や「形式言語」、「実装」を収集してテストハーネスを自動生成する事ができます。


ベースとなった実装モデルが、テストハーネスモデルの中央に位置します。
ローレベルエンジニアリングで記述したテストシナリオより、テストケースが生成されテストハーネスモデルの左部に出力しています。
実装の全結果をモニタする為のサブシステムがテストハーネスモデルの右上に生成されています。
テストシナリオで記述した形式言語による期待結果と、要求で記述した「」のアサーションが、テストハーネスモデルの右下に生成されます。
自動生成されたテストハーネスモデルは、V字を遡ってハイレベルエンジニアリングまでDRIP上で繋がっている為、テストシナリオの期待結果のみならず、要求のアサーションに対する品質確認も可能です。

Simulinkモデルとして出力されたテストハーネス
マッピングされた各要素を埋め込むことで、テストハーネスの自動生成が実現しました。

更に、このテストハーネスは各マッピング情報から自動生成されているため、中に書かれているテストケース実装から独立している事になります。
その為、テストシナリオやプラットフォームが変更された場合も、テストハーネスモデルの再記述をする工数が大幅に軽減されます(再記述時の書き損じのリスクも軽減されます)。




お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Engineered Mechatronics, Inc.
28175 Haggerty Road, Novi, MI 48377, USA
TEL:Ph: +1 248 513 8059

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置