IC.incのイオンシステム
燃焼制御への応用事例

モデルベース開発



ディーゼル燃料セタン価変動対応事例
2006年ディーゼル燃料転換のエネルギー影響の測定
American Transportation Research Institute
大型トラックは州間高速道路と自動車専用道を使い長距離を運転する為、CNのバリエーションが異なるガスステーションから燃料を補給します。


最高の燃料経済目標
セタン価の変化は、燃費で1〜10%の影響を受けることがあります。
Linda Gaines et al., “Estimation of Fuel Use by Idling Commercial Trucks,” Center for Transportation Research, Argonne National Laboratory, 2006

- S.S. Gill et. al., “Diesel emissions improvements through the use of biodiesel or oxygenated blending components,” Fuel, Volume 95, May 2012
- Sabah et. al., “ Effect of Fuel Cetane Number on Multi-Cylinders Direct Injection Diesel Engine Performance and Exhaust Emissions,” Al-Khwarizmi Engineering Journal, 2012
- Lu Xing-cai et. al., “ Effect of cetane number improver on heat release rate and emissions of high speed diesel engine fueled with ethanol~diesel blend fuel,” Fuel, Volume 83, Issues 14~15, October 2004
- Harsha Nanjundaswamy et. al., “Impact of Fuel Properties on Light-Duty Engine Performance and Emissions ,” Deer Conference, 2008

この技術では熱効率と燃料消費を5%以上向上させる可能性があり、1%向上すると年間449.5百万ガロンの節減が達成できます。

・Bureau of Transportation Statistics shows in 2010 a total of 44.9 billion gallon per year of diesel fuel is consumed by commercial trucks.



ニュートラル燃料技術がディーゼルエンジンの燃料消費に及ぼす影響
燃料をULSDからSasolにして さらにULSDに戻した場合でも安定しています。
制御システムが任意の供給燃料に対してリアルタイムで最適化されるため、イオン検出タイミング技術を利用することにより、燃料消費量が大幅に改善されます。



異なるセタン価燃料を使った場合の圧縮着火エンジンの噴射時期FB補正
ULSDからSasolにして再度ULSDに戻したテスト
燃料をULSDからSasolにしてまたULSDに戻した場合でも安定しています。




お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置