GUIの作成

OpenPLATE ― GUI作成ツール ―

     
  1.Simulinkモデル用にGUIを作成する
  GUI作成ツール OpenPLATE Simulinkモデル用にGUIを作成する
   
  GUIとSimulinkとを協調動作させるために、 Simulinkモデル内に1つ「OpenPLATE専用ブロック」を配置します。
  たとえば、ボタン操作をSimulinkに伝えるには、 OpenPLATE専用ブロックに出力ポートを作成します。すると、ボタンの状態がこの出力ポートから出てきます。(上図、赤い線
  また、Simulink内の信号を表示するには、 OpenPLATE専用ブロックに入力ポートを作成します。ここに入力したSimulink信号が、GUIの表示パーツで表示されます。(上図、青い線
   
   
   
  2.Visual BasicでGUI作成
  GUI作成ツール OpenPLATE Visual BasicでGUI作成
   
   
  OpenPLATEはActiveXコンポーネント集です。Visual Basicなどのツールを使用して、GUIを構築していきます。(フリーで公開されている、Visual Basic Express Editionも使用可能です)
  パーツを貼り付け、プロパティを変更していく作業は、通常のVBアプリを作成する場合と同様に、簡単に行っていただくことができます。
  通常のVBアプリと違うのは、OpenPLATEを使用する場合には、『基本的に、コード(プログラム)を記述する必要は無い』という点です。 用意されているテンプレートプロジェクトに、パーツを貼り付けさえすれば動作するGUIを作成する事ができます。
  もちろん、VBコードを記述すれば、OpenPLATEの持つ機能を拡張して、オリジナルのGUIを作成する事も出来ます。
  ->このページのTOPへ
   
   
   
  3.シミュレーションを実行する
  GUI作成ツール OpenPLATE シミュレーションを実行する
   
   
  GUIを作成したSimulinkモデルを動かすには、まずGUIを起動します。
  GUIのメニューには、『ロード』『実行』などが用意されています。
  『ロード』をクリックしていただくことで、Simulinkを起動できます。
  『実行』をクリックしていただくことで、Simulinkモデルを実行できます。
  MATLABは自動的に起動するため、ユーザーはSimulinkを操作する必要は無く、 GUIのみを操作するだけですべての制御を行っていただくことが可能です。
  ここで、GUIを操作していただきながらSimulinkモデルの反応をご覧いただくことで、モデルの動作が本当に満足のいくものなのか否かを確認していただくことができます。
   

お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置
車載ネットワークツール