OpenPLATEによるモデルの動作記録・再現

OpenPLATE ― GUI作成ツール ―

     
    OpenPLATEには、GUIの働きを記録し、再現する機能があります。ユーザーがどのように操作し、モデルがどう反応したのか、記録を行うことが出来ます。
     
  1.記録モード
     
    「記録モード」と呼ばれるモードでは、GUIの動きとSimulinkの動きを両方ともMATファイル
(MATLABのデータファイル形式)に保存します。 これらのファイルを、あとからじっくり解析
する事もできます。
   
  OpenPLATE 記録モード
   
   
  2.操作再現モード
     
    「操作再現モード」と呼ばれるモードでは、記録したMATファイルをもとに、 ユーザーの操作をそっくりそのまま再現します。Simulinkモデルは、それに対して 前回と同じような反応を返すことになります。
   
  OpenPLATE 操作再現モード
   
   
  3.動作再現モード
     
    「動作再現モード」と呼ばれるモードでは、記録したMATファイルをもとに、 ユーザーの操作およびSimulinkモデルの反応を、そっくりそのまま再現します。 この時には、Simulinkモデルは動作させません。(このモードに限り、MATLABがインストールされていなくても動作します)
   
  OpenPLATE 動作再現モード
   
   
   
    これらのモードを使用する事により、モデルの動作を記録し、再現していただく事ができます。
    また、記録されたMATファイルを保存しておけば、いつでも以前の動作を再現していただく事が可能です。
     

お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置
車載ネットワークツール