長尺グラフ印刷ソフトウェア
OpenPLOTTER オープンプロッター

モデルベース開発支援製品



本システムの狙いはRAMモニターやパネルチェッカー、SILSで取得した車両に関する様々なデータを、人の目に見やすい形で印刷する事にあります。
それにより波形全体を大雑把に俯瞰して眺め、どこがどの様に違っているのかを把握する事が可能となりました。


OpenPLOTTERは紙面の他、PDFへのエクスポートにも対応しております。
上の画像またはこちらをクリックしますと、サンプルのPDFファイルをダウンロード頂けます。



1.Openに見える化して紙面にPLOT
  • 設計装置やSILSなどで取った車両挙動に関するデータを見やすい形で紙に印刷
  • 波形全体が詳細に印刷される為、不自然な動きも見つけやすい
  • ロール紙対応の業務用プリンタで、1mでも10mでも任意の長さで印刷
  • 計測器やパネルデータなど、様々なデータ形式(MAT、CSV)に対応
  • データの位置、色、時間スケールを任意に設定


2.全体の流れを確認しながら議論

全体の動きを把握し、どこが問題になっているかをチャートで確認



3.直感的な操作
OpenPLOTTERの操作は基本的にドラッグ&ドロップとダブルクリックのみでご利用いただけます。
また、画面もシンプルな構成で判りやすくなっております。



4.特徴・新規性・改善点
  • 従来は車両データをグラフ印刷する際に用紙サイズがA3等に固定されている為、データによって縮尺がバラバラになっていました。
    本製品ではロール紙の採用により、縮尺(例:5秒/10mm)を固定する事が出来、計測時間の異なる複数データも容易に比較できる様になりました。
  • LA#4などの長時間データはA4やA3にはとても収まりきりません。
    また、収めてしまうと意味のある情報が読み取れなくなってしまいます。
    本製品では、用紙サイズを5mにも10mにも出来る為、充分に詳細なデータを紙の上で確認いただけます。


5.基本性能
従来の方法
PCの画面で確認
PC画面の範囲しか確認出来ません。
確認できるCH数に制限
液晶画面では認識できるCH数に制限があります。
過去データとの比較が困難
PC画面での重ね合わせや比較が容易ではありません。
全体を見るためにはスクロールが必要
縮小をかけると時間の位置関係の把握が困難です。
ロール紙印刷
長時間データでも詳細に印刷
最大50m。小さな不具合でも見える化しました。
複数CHを自由に並べて印刷
CHの位置や色指定、グループ化などが可能になりました。
過去のデータとの比較が可能
紙を並べて比べれば一目瞭然になりました。
全体の流れを全員で把握して検討
全体と部分の関係を全員で確認出来る様になりました。



6.構成
PCよりOpenPLOTTERを使い、対応プリンタから印刷します。


対応プリンタ
EPSON PX-6250S
最大A2幅 ロール紙対応
出力スピード 約1.5分




7.価格
単品でご購入の場合
: 80万円/本(税抜)
5本以上同時購入の場合
: 35万円/本(税抜)
※納入月締め翌月現金お振込でお願い致します
※価格にプリンタの料金は含まれておりません (上記対応プリンタのメーカーより別途ご購入ください





お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

株式会社スムーズワークス
愛知県海部郡七宝町大字遠島字新開27-2
TEL:052-441-4724 FAX:052-441-4724
開発者ブログ:スムーズワークス日想 -シミュレーション業界関連情報-

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置