スムーズワークス社のツール開発サービス

モデルベース開発支援製品

     
  スムーズワークス社Simulink とC言語に関わる技術開発を専門に行う会社です。
多くのツールベンダーがサプライチェーンを中心に業務展開を進めているのに対し、デマンドチェーンをもとに自動車関連OEM、サプライヤー向けの受託ツール開発を専門に行っております。
  下記の内容についてご案内いたします。
   
  ツール開発の実績
  OpenPLATE
    VisualBasic上でオリジナルGUIを作成する為のツールです。
    Simulink上でのシミュレーションだけでなく、HILSシステムと組み合わせて使用することが可能です。
    ソフトウェアの”見える化”を推進し、作業の効率化を図ることが可能です。
     
  レガシーCコードインポートツール
    既存のCコードを効率的にS-Function に変換する為のツールです。
    S-Functionの知識に精通することなく、GUIの指示に従うだけでCコードをモデルに組みこめます。
     
  SILS向け信号モニターツール
    モデル上の任意の信号をモニターするためのツールです。
    モデル上の任意の信号線や、S-Function内のグローバル変数の内容を、GUI表示する事が可能です。
     
  SILS向けCAN通信カードドライバー
    SILSモデルと実ECUとをCANで接続して、ラフな動作確認を行うためのツールです。
    CANdbファイルから通信設定情報を読み取り、それをベースにドラッグ&ドロップで、
特定のメッセージの送信 / 受信を行うためのSimulinkブロックをモデル上に配置します。
     
     
  ローカル通信用アダプター&ドライバー
    車載ネットワークには、標準のCANやLINだけではなく、車両メーカー様独自の通信規格による部分もまだまだ存在しています。
    そういった独自規格の通信を扱うには、専用の通信アダプターが必要です。
    そういった専用の通信アダプターを、マイコンやFPGAを使用して作成致します。
    また、通信アダプターを取り扱うためのドライバー(C-APIあるいはSimulinkブロック)も提供致します。
   
   
スムーズワークス社 ツール開発サービス
   
  モデルベース開発におけるV字工程の、特にMATLAB/SimulinkとC言語を取り扱う工程において、お客様の作業がスムーズに進むようなツールを提供させていただきます。
  仕事の目的や内容に応じてお客様のご要望は様々です。既存のツールが充分な効果を上げられないのはサプライチェーン側から発想されたものが多く、個々のお客様の仕事の目的から作られたものが少ないからと思われます。スムーズワークスはお客様の要望を伺い、目的に応じた最適なツールをお届けします。
  大手自動車関連会社との受託開発経験を生かし、お客様の目的にちょうど合ったツールを提供いたします。
   
 
 
スムーズワークス社につきましては、
[スムーズワークス社の紹介]ページをご覧下さい。
 
 
[シミュレーション用ツール開発]カタログ[404KB]をぜひダウンロードください。
 
 
* MATLAB/Simulinkは、TheMathWorks社の登録商標です。
  * その他、記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
   


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

株式会社スムーズワークス
愛知県海部郡七宝町大字遠島字新開27−2
TEL/FAX:052-441-4724

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置