DRIPの各画面機能
要求・デザイン・知識・並列エンジニアリングツール


モデルベース開発

XMBD-擦り合わせ型V字プロセス

DRIPの各画面機能

以下は前述のワークフローで登場したDRIPの各画面機能(モジュール:以下Module)をご案内します。
各仕様は必要に応じてこれらModule単位で記述して行きます。
Moduleは複数定義する事も、不要であれば定義しない事も可能です。


ハイレベル要求 | 従来通りの文書作成


Requirments Module
ハイレベル要求の記述にはDRIPの要求定義(Requirments Module)画面で記述します。
ここでは、おおまかな要求をフリーワードで記述して行きます。

ハイレベル要求には、後述の設計原理・決定・前提条件(Design)Moduleをはじめ、他に記述された仕様書内の、対応する箇所へのリンク機能を有しています。
これを使用する事によってV字内の他のプロセスで書かれた仕様内の該当箇所を簡単に参照することが可能です。


設計原理・決定・前提条件


Design Module
設計原理・決定・前提条件では、より具体的な設計をDRIPのデザイン(Design Module)画面で記述します。

ここでも、他に記述された仕様書内の、対応する箇所へのリンク機能を有しています。
これを使用する事によってV字内の他のプロセスで書かれた仕様内の該当箇所を簡単に参照することが可能です。
参照機能は全ての画面で利用可能です。これにより、各プロセス間の相互参照が可能となります。


知的資産


Knowledge Module
知的資産は、関係各位が共通の認識として知っている知識を指し、DRIPのナレッジ(Knowledge Module)画面で記述します。
簡単な例では「水は100℃で沸騰する」と言った様な、一般常識から、大きなプロジェクトでは既存のプロジェクトで使われた、「完成済みの仕様情報」などがこれに該当します。
既存プロジェクトの仕様書をそのまま「既知の資産」として再利用する事も可能です。



ローレベル要求 | 形式言語による詳細設計

多言語および式に切替え可能


英語


日本語




ドイツ語・フランス語...

ローレベル要求は、より具体的な要求仕様を記述していきます。
DRIPは形式言語に対応しており、ある程度ルールの決まった入力方法で詳細な仕様を記述することで、書かれたテキスト情報そのものを別の用途に再利用することが可能です。

例えば、記述した単語の意味をワンクリックで簡単に参照したり、元になったハイレベル要求の参照もワンクリックで行えます。

形式言語は「記述方法がある程度限定されている」事自体が最大の特徴となります。

これが具体的にどの様な利点となるか、

妥当性分析 | 仕様バグ検出


Analysis
DRIPでは、書かれた仕様書の妥当性分析(Analysis)が可能です。
前述の入力内容を用いて、DRIPはその内容の実現可能性を算出します。
これにより、DRIPは仕様書の矛盾や誤記、誤解を「仕様バグ」として自動的に検出します。


デザイン・アーキテクチャ | システムデザインの仕様記述


Design Architecture
関係性の仕様・チャート情報などをDRIP内のデザイン・アーキテクチャで(Design Architecture)画面で記述します。
記述は取り回しの良いテキストを採用しており、コピー/カット&ペーストといった操作も簡単に行えます。
記述された情報は視覚化機能により相関図で表示する事も、影響範囲の分析を行う事も可能です。


Design Architectureの構成イメージの一例
ここで書かれたチャート情報は上記の様なイメージでDRIP上に視覚化されます。

ここで書かれた相関関係の仕様書は、後でSimulinkの外殻モデル(Shell Architecture)の自動生成に直接利用可能です。

Shell Architectureの一例


テストシナリオ | テストケース・ユースケース


Test Case
テストシナリオではUMLのユースケースに則り、アクター毎にでテストケースをテキストでSTEP毎に定義することが可能です。(ユースケースの記述も可能です)


実装デザイン | Simulinkモデル自動生成


Shell Architectureの一例
DRIPはデザイン・アーキテクチャを元にSimulink外殻モデル(Shell Architecture)を自動生成可能です。
ここでの実装デザインとは、DRIPによって生成されたSimulinkモデルを更に元に作りこんだSimulinkものを指します。



マッピング | 要求 <=> システムデザイン <=> Simulinkモデル間のトレーサビリティをとる

実装デザインで組まれたSimulinkモデルはDRIPの外部(Simulink)ツールでの作業となりますが、Simulinkモデルとの対応情報を持つ事が可能です。 DRIPの外で作られたSimulinkモデルとDRIP内のデザイン・アーキテクチャは対応付ける事により、DRIPは実装デザインを内部の情報に対応させて認識します。


検証 | テストハーネス自動生成


Test harnessの一例
DRIPは実装デザイン(Simulinkモデル)とDRIP内に書かれたテストシナリオを結合させることで、テストハーネス(Simulinkモデル)を自動生成することが可能です。
生成されたテストハーネスを使用して検証を行います。

テストシナリオはDRIP内に書かれた仕様書をそのまま再利用するため、例えば10パターンのシナリオに対して10個のSimulinkモデルを実装する、と言った作業が不要となり、大幅な工数の削減が可能となります。




お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Engineered Mechatronics, Inc.
28175 Haggerty Road, Novi, MI 48377, USA
TEL:Ph: +1 248 513 8059

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置
車載ネットワークツール