HIL System OP4200

リアルタイムシミュレータ

低コストで高精度なシミュレーション環境
パワーエレクトロニクス分野の研究、検証に最適

RT-LAB / HIL System OP4200
OP4200はOPAL-RTのリアルタイムシミュレータの中でも最も低コストながら、上位機種と同等のI/Oモジュールやパワーエレクトロニクス向けの専用ソルバを搭載した、アカデミック向けの製品です。

Xilinx社のZynq プロセッサを搭載しており、上位機種と同じくeHSソルバを扱う事が可能なため、インバータやコンバータなどのパワーエレクトロニクス関連のリアルタイムシミュレーションに活用頂けます。

OP4200はパワーエレクトロニクスシステムの研究に必要な機能とお求めやすい価格を両方した、画期的な製品です。


製品の特長

パワーエレクトロニクス用に最適化
  • eHSソルバを搭載し、上位機種と同様にインバータやコンバータ等の高速なシミュレーションが可能
  • eHSソルバ上で扱う回路データは、MATLAB/SimulinkのSimPowerSystemsをはじめ、PSIMやPLECSなどの回路シミュレーションソフトで作成可能
  • I/Oモジュールは上位機種と同じ高性能のものを利用可能


低価格・コンパクトなアカデミック向けシステム
  • カセット形状で扱いやすいI/Oシステム
  • 卓上に設置可能なコンパクトサイズ
  • ファンレス構造のため、静かな環境でも利用可能
  • CANやRS232C通信に対応可能


一般仕様
消費電力 最大2.5A
FPGA ARM Processor Cortex A9
IO 4 slots are available for swappable I/O cassettes with hot plug protection, for a total of 128 I/O channels
ソフトウエア RT-LAB, eHS solver, RT-XSG
大きさ 28.5 (W) x 22.1(D) x 24.7cm (H) (11.2" x 8.7" x 9.75")
重さ 約5Kg (11 lbs)


I/O システム

デジタル出力
32 opto-isolated digital output channels, 65 ns typical propagation delay, 5V to 30V adjustable, 50mA max

デジタル入力
32 opto-isolated digital input channels, 4V to 30V, 40 ns typical propagation delay

アナログ入力
16 analog input channels, 16 bits, 2.5 μs conversion time simultaneously, 500 ns optional, +/-20V, adjustable range

アナログ出力
16 analog output channels, 16bits, 1.0 μs update time simultaneously, 200 ns optional, +/-16V, 10mA, opt. module with optional 16 fully isolated channels

I/O and connectors
  • A. SFP(Small Form Factor) 5Gbits/s 光インターフェースモジュール
  • B. USB 2.0
  • C. Ethernet (10/100/1000Mbps)
  • D. 同期用 光入出力(Tx/Rx)
  • E. JTAG
  • F. DIP Switch
  • G. 電源コネクタ
  • H. CAN通信ポート
  • I. RS232通信ポート
  • J. ステータス表示用LED、電源ボタン


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置