OP5707HILSシミュレータ

ハードウェア・ソフトウェア構成要素

OP5707はXillinx Virtex-7とIntel Xeonプロセッサを搭載し、IO機能を備えたOPAL-RTシミュレータの最上位機種です。
CPUとFPGAを用いた高速な演算と、256CHまでのIO(デジタル アナログ)、高速SFP通信が利用可能です。


概要
  • Intel Xeonプロセッサを搭載し、最大32コアまで利用可能
  • Virtex-7テクノロジーをベースとした4Uサイズの拡張ユニット
  • 最大8個までのアナログ/デジタルコンバータモジュールを搭載可能
  • 最大デジタル256Ch又はアナログ128Chまでのデジタル信号の処理が可能
  • 高速通信の為 最大16CHまでのSFPファイバーモジュールが使用可能
  • 他のシステムや拡張ユニットとFPGA間での通信が可能
  • SFPプログラマブルクロックIF
  • LVDSやファイバーオプティック同期
  • IEC61857, C37.118, DNP3, CAN, ARINC-429など、様々な通信規格に対応可能


アプリケーション
  • HILSシステム
  • RCP(Rapid Control Prototyping)
  • FPGA開発プロジェクト
  • MMC(Modular Multilevel Converter)
  • 複雑な電力系統 マイクログリッド 風力発電 HV自動車 航空機 その他パワーエレクトロニクスシステム


SFP(Small Form Factor Pluggable)は
光ファイバーを通信機器に接続する光トランシーバの規格です


  • OP5707は最大16CHまでの高速光モジュールを備えています。
  • プロトコルは標準のAurora Gigabit Ethernet Communication Layerを使用


一般仕様
  • CPU :Intel Xeon Processor
    (4cores/3.0GHz, 8cores/3.2GHz , 2x8cores/3.2GHz , 2x16cores/2.3GHz より選択可能)
  • FPGA :Xilinx VIRTEX 7 FPGA
  •   Slices: 75900, Each 7 series FPGA slice contains four LUTs and eight flip-flops
  •   RAM: 37080 kb (37080 x 1024 bits)
  •   DSP: 2800, Each DSP slice contains a pre-adder, a 25 x 18 multiplier, an add
  • 通信システム: PCI Express Gen2 x4
  • SFP    : 最大 16 (1-5Gbps)
  • プロトコル  : Aurora (1 to 5 Gbits)
  • サイズ   : (W)47.7cm × (D)49.3cm × (H)22.1cm


ハードウェア外観

  • MMCモデル: 500 nano時間ステップ, 故障モード, 標準構成255 cell/arm * 6 arms, もしくは511 cell/arm * 3 arms ; その他
  • eHSソルバ: SimPowerSystem, PLECS, PSIM 等の回路エディタで作成したパワーエレクトロニクス回路をそのままFPGAで実行
  • Xilinx Blocksetで作成した回路をFPGAに実装


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置