RT-LAB BELTA

ハードウェア・ソフトウェア構成要素

RT-LAB BERTAは水力、火力プラントで運転の安定性やコストの削減に役だっております。

主な機能

  • スピードガバナパラメータの最適化と測定
  • 現在動作しているHILSシステムをオフラインの状態よりパラメータ設定を精度よくすることができ
  • コントローラ認証テストを効率良く出来るようにすることができます。
  • 発電機が全体のシステムに対し安定性と周波数の回復を図れるようにします。
  • 電力網の安定性を崩すことなくたくさんのタービンスピードガバナをテスト出来ます。
  • クローズループでスピードガバナやタービンのダイナミックモデルを検証できます。

電気機器の要望に合った設計を行うために RT-LAB BERTAはスピードレギュレータPIDゲインを精度良く設定でき、発電機の安定した振る舞いを評価することが出来ます。
RT-LAB BERTA はOPAL-RTのLabViewベースのGUIを使い電力網シミュレータリアルタイムデジタルシミュレータと一体で動作します。
RT-LAB BERTA はOPAL-RTのeMEGAsimリアルタイムデジタルシミュレータと一体で動作します。

RT-LAB BERTAは電源の速度調節問題を安価に解決する最適にツールです。
電力プラントでのリアルタイムシミュレーションでの検査、AC発電機に直接取り付けたりして実験中のタービンや調整機のモデルに必要な信号情報を得ることが可能です。
系統と繋がっていない状態で発電機を実際に動作しているように動かすことも可能です。

現在のところ、パラメータ同定試験は非常にコストと時間がかかる割にはタービンモデルの正確な、しっかりとした結果を得ることが出来ず、それぞれの装置で次のステップでの検証が求められます。

タービンや発電機の製作者が出す初期設定は 発電部門の定常状態のオフラインで得られるモデルやパラメータをベースとしており 、スピードレギュレータの新しい設定をする場合も発電部門からの情報をもとに行われます。

RT-LAB BERTA はこれらの作業を発電部門での開発要素を含んだ意味がある繰り返しテストで可能にします。

  • 系統から切り離された状態のスピードレギュレータの安定性や精度をより良くするために、それぞれの装置が全体の電力システムの中でお互いに影響し合っていることをはっきりさせます。
  • タービンとレギュレータの精度をはっきりさせます。
  • モデル検証やコントロール設定において最適なゲインを与え適切な設定とサーボモータの誘導や安定性をはっきりさせます。
  • 使いやすいRT-LAB BERTAで電力部門のテスト時間を短縮させることが可能です。



お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置