RT-LAB Orchestra

リアルタイムシミュレータ

従来型の道路やテストコースでのテストは面倒で費用や時間がかかります。

OPAL-RTのシステムは、実際のテストをシミュレーションプラットフォーム上で実現し、自動車業界が直面する自律型車両テストの様々な障害を克服します。

OPAL-RTのシステムは、データ融合・ディープラーニングに加え、LIDARのような新しいセンサー等が車両に導入された場合、各新技術をシステム上で統合できる柔軟性を備えています。


ORCHESTRA: The Autonomous Vehicle Co-Simulation on Four Platforms

自律車両をシミュレートするには、いくつかの異なるソフトウェアが必要です。

RT-LAB Orchestraは、これらすべてのツールを組み合わせて車両全体をデジタルシミュレートする時、さまざまなベンダーのモデルを同時に使用する際に起きる問題を解決できるプラットフォームを提供します。
さらに、RT-LAB Orchestra は。PC, OPAL-RT HIL、HPC、Cloudと言った4種類のプラットフォームでco-simulationが可能です。これにより、設計プロセスにおけるシミュレーションの有効性が高まり、市場投入までの時間が短縮され全体コストが削減されます。
RT-LAB Orchestraは開発のすべての工程で有効です。


RT-LAB Orchestra Co-simulation on Three Platforms

OPAL-RT Simulators
最大32コアのIntelR XeonR E5をベースにしたOP5031 シミュレータ、RT-LAB Orchestraにとって理想的なマスターシステムです。OP5031はIO拡張Boxや、様々な通信プロトコルと接続できます。

High-performance computing ハイパフォーマンス演算
大規模テスト機能について、RT-LAB OrchestraはLinuxまたはWindowsオペレーティングシステムを実行するHigh-performance computing(HPC)上で動作します。

Cloud
RT-LABオーケストラは、クラウドコンピューティングを通じてオンデマンドで実行でき、卓越した柔軟性で様々な可能性を実現します。


Related Resources

RT-LAB Orchstra はマルチシミュレーションドメイン、異なったチーム、異なる言語とツール、レガシーコード等の協調シミュレーションに関する解決策を提供。

エンジニアはPCをダイレクトや繰り返しテストに使え ソースコードを変更 ソフトウエアをダイレクトにプラントモデルに接続 

リアルタイム異種モデルの協調シミュレーションにおける柔軟性
複雑なシステムのリアルタイムシステムをうまくやるには異種のモデルがひとつのco-simulation環境に統合されている必要があります。

これらのモデルは異なった言語で書かれたり いろいろなシミュレーションツールから生成されています。別々の部門や 別々の会社で開発されてもいます。

RT-LAB Orchestraは、異種のco-simulationコンポーネント間の統合と相互運用性を促進することにより、エンジニアが設計プロセスの初期段階で仮想車両のリアルタイムco-simulationを実行することを可能にします。


Achieve Optimal Engineering Collaboration & Productivity

Superior Flexibility
独自の技術資産を含め、任意の組み合わせで様々なモデルを使用して、シミュレーションプラットフォームをより効果的に活用できます。

Unrivaled Performance
モデル統合させると良いパフォーマンスを出すことです。1秒間にサンプリングされた信号と同等の信号を得ることができます。並列コンピューティングを使用したマルチコアシステムパフォーマンスの向上が期待できます。

Complete Openness
オープンなシステムとコードで問題を迅速にデバッグできます。OPAL-RTの専門知識と技術サポートは、最も革新的なシミュレーションシナリオのための無限の可能性を提供します。


同じシミュレーション上の制御モデルと環境モデル
RT-LABとシミュレーションコンポーネント間の通信層
RT-LAB Orchestraは、複数のシミュレーションドメイン、異なるチーム、異なる言語やシミュレーションツール、レガシーコードの再利用などのコシミュレーションの問題を解決します。

XML記述ファイルを通じてユーザー設定可能
シミュレーションコンポーネントがRT-LABフレームワークとデータを交換するために使用するCコードAPI


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置