直流送電を含む電力系統への応用
― 41-bus HVAC/HVDC Network ―

パワーエレクトロニクスHILSシステム アプリケーションノート

 
概略
OPAL-RT社eMEGAsim が大規模なパワーシステムをリアルタイムでシミュレーション可能
であることの紹介です。
HVAC と HVDC を持つ典型的な500kV 送電ネットワークシステムが
モデル化されシミュレーションされます。
 
モデルの説明
41Bus、70配電ライン、11個のプラント(水力発電タービン、同期機と制御装置) 15個の負荷、
3つのHVDCラインを持つ、500kV、60Hzのネットワークのモデル化です。
同期機、トランス、配電パラメータライン、負荷、サイリスタ、整流器/インバータ、コントローラと
発電機、HVDC等がこのモデルには含まれています。
 
 
検証
このモデルは、システムの定常状態と、Faultの状態を与えることが出来ます。
インバータにおける母線地絡、送電線地絡、送電線開放、発電機喪失という4つのHVAC faultと、直流母線地絡、交流母線地絡と呼ばれる2つのHVDC faultが模擬できます。それぞれに単相、2相、3相が選択できます。
その他システムの安定性や共振などが検証可能です。
 
   
41-bus HVAC/HVDC Network
 
41-Bus 500kV Network (HVAC/HVDC)
 
 
システム構成
 
 
OPAL-RT社 [41-bus HVAC/HVDC Network]ページ (英文)をぜひご覧ください。
 
お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置