GTO-STATCOMへの応用
― 48-pulse, GTO-STATCOM-compensated power system ―

パワーエレクトロニクスHILSシステム アプリケーションノート

 
概要
3母線に接続された48パルスGTO-STATCOMの事例です。 電源システム、FACTS機器に
対し、ARTEMISTime-Stamped Bridgesが有効であることを示しています。
 
モデルの説明
48-パルスのGTO-STATCOMは、4つの位相シフトトランスに接続された、3相・3レベルのインバータで構成されています。この電源は3母線を持っており、GTO-STATCOMは母線1につながっています。
ネットワークは3つの理想的な内部インダクタンスのみを持った電源で構成されています。
STATCOMは、OPAL-RT社Time-Stamped Bridgeを使ってモデル化されました。 
一方、電力システムは、SimPowerSystemsARTEMISを使ってモデル化されています。
 
 
検証
このモデルは電圧の上昇・下降と、その電力補償のダイナミズムを模擬します。
GTO-STATCOMと電力システムの双方の挙動がわかります。
GTO-STATCOMダイナミズム、コントロール、パラメータ選択、フォルト現象、保護システム等、GTO-STATCOMについて興味深い挙動がわかります。
パワーシステムとしては高調波フィルタリング、GTO-STATCOMの大きさ等の最適化などが
模擬できます。
 
   
48-pulse, STATCOM configuration and test power system
48-pulse, STATCOM configuration (left) and test power system (right)
 
 
システム構成
 
 

OPAL-RT社 [48-pulse, GTO-STATCOM-compensated power system]ページ
ぜひご覧ください。

 


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置