12-Pulse, 1 GW 伝達システムへの応用
― 12-pulse, 1 GW, transmission system ―

パワーエレクトロニクスHILSシステム アプリケーションノート

 
概要
500 kV, 5000 MVA, 60 Hz ネットワークから345 kV, 10 000 MVA, 50 Hz ネットワークへリンクする1000 MW (500 kV, 2 kA),の高電圧HVDCをモデル化したものです。
 
モデルの説明
整流器とインバータは12パルスのコンバータです。整流器とインバータは300kmのラインでつながっており、各々2個の0.5H平滑リアクトルがついています。
トランスのタップの変化はシミュレーションの対象にはならず、タップがあるだけと仮定されています。主電圧で使われるタップ比は0.9が整流器、0.96がインバータ側に振り分けられます。
コンバータで要求される反応パワーは、コンデンサと600 MVARのハイパスフィルター時から供給されます。
2個のサーキットブレーカーがインバータのACサイド、整流器のDCサイドに使われています。
 
 
検証
このモデルはHVDCシステムの様々な現象の検証や模擬に使われます。
HVDCのスタートやシャットダウン、DCリンクフォルト、整流器やインバータのACフォルト、
サイリスタ誤点弧等が模擬できます。
 
   
1000 MW, HVDC, 12-pulse, transmission system
1000 MW, HVDC, 12-pulse, transmission system
 
 
システム構成
 
 
 
 


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置