〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

パワーエレクトロニクス概要

スピードと精度は妥協しない

OPAL-RTは、最速かつ最も正確なリアルタイムシミュレーションを実現を目指し、20年近くパワーエレクトロニクスの分野で広範な研究開発を行ってきました。

電子制御のテストと検証用のOPAL-RTプラットフォームは、再生可能エネルギー変換から非常に複雑なマルチモジュラーコンバーター(MMC)および未来の輸送を担う電気モーターまで、幅広いアプリケーションをカバーしています。
正確な専門知識、経験、数学的革新を組み合わせることで、OPAL-RTは、パワーエレクトロニクスアプリケーション向に、FPGAを使うリアルタイムシミュレーションで、市場最速のコンピューティングレベルを作成することに成功しました。高速なリアルタイムシミュレーションにより、正確な結果が得られ、HILおよびRCPのテストカバレッジが向上し、PHILアプリケーションで実現可能な限界を広げました。


OPAL-RTのトップ3パワーエレクトロニクスアプリケーション


Modular Multi-Level Converters (MMC)


EVとハイブリッド


エネルギー変換制御


パワエレHIL教育ライブラリ


すぐに使える教材
OPAL-RTのパワーエレクトロニクスHIL教育ラボは、学生がコンバーター、整流器、インバーターなどのパワーエレクトロニクスを実験および学習でき、パワーエレクトロニクス業界の研究開発にも応用できる、大学および大学向けの教育コースウェアです。

チュートリアルセットは、OPAL-RTハードウェアおよびCompact NIで動作するように設計されています。
OPAL-RTおよびNIを使用するパワーエレクトロニクスの学生と教師に手を差し伸べ、相互の活動を通じて体験を向上させることができるユーザーのコミュニティを作ることを目指しています。


電力変換器制御技術の迅速かつ簡単な実験


OP1300, Power Electronics Test Bench
モジュール式で柔軟に構成可能なパワーエレクトロニクステストベンチは、OPAL-RTの最先端のハードウェアインザループ(HIL)シミュレーターとImperixのラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)システムおよび実際の電源ハードウェアを組み合わせています。

産業界および学界全体でパワーエレクトロニクス、パワードライブ、スマートグリッドアプリケーションの迅速な開発を可能にし、工業用および学術用の両方の分野で、実験室およびプロトタイピング機器向けの包括的なソリューションを提供します。
オフラインシミュレーション、HILリアルタイムシミュレーション、および実際のハードウェアテストを、すべて単一のテストベンチで簡単に切り替えます。

OPAL-RT製品とシステム

OPAL-RT製品とシステムを使うことでテストプロセスの精度を向上させ、新製品の信頼性と安全性を向上させる方法をご確認ください。

eFPGASIM
eFPGASIMは、パワーエレクトロニクス業界向けの、FPGAベースのリアルタイムシミュレーションに使用されるソフトウェアとハードウェアの組み合わせです。
eHSソルバーを使う直感的なワークフローにより、アプリケーションと設計サイクルを迅速かつ正確に作成できます。
OP4200
OP4200は、ハードウェアインザループ、ラピッドコントロールプロトタイピング、データ収集、およびI / O拡張機能を提供し、産業界および学界全体でパワーエレクトロニクスおよび電気駆動アプリケーションをサポートします。

資料および顧客事例



お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。