〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

P-HIL

(HIL)業界の革命

Power Hardware-in-the-Loop(PHIL)シミュレーションは、HILの拡張版です。

リアルタイムシミュレーション環境では、低電圧、低電流の信号だけでなく、デバイスが必要とする電力も取り扱われます。
このギャップを埋めるために、高電力のDUT(Device Under Test)と低電力のシミュレータI / Oの間にパワーアンプを入れ、ループに必要なフィードバックを実現します。
電力増幅器は、閉ループ性能と電力を生成および吸収する能力に基づいて、ユーザーアプリケーションに合ったものを選択します。

HILおよび閉ループテストには多くの利点がありますが、PHILでは、DUT(Device Under Test)間の高電力フローのシミュレーション、シミュレートに使われる電気回路のシミュレーションも可能です。
この機能により、電力変換器、発電機、モーター、PV負荷などの複数のシステムをテストできます。
また、典型的なアナログベンチやダイナモメーターに比べて柔軟性と安全性を保ちながらも忠実度の高いシミュレーションが可能です。


PHIL Process



PHILアンプを選択の際に考慮すべきこと
Power Hardware-in-the-Loop(PHIL)を使用すると、電力変換器、発電機、モーターなどのさまざまな種類の電力機器を、アナログテストベッドまたは実際のシステムを破壊するような方法を使わずにテストできます。

このホワイトペーパーでは、Power Hardware-in-the-Loop(PHIL)テストベッド用のパワーアンプを選択する際の重要な考慮事項が学べます。

次の一歩

Power Hardware-in-the-Loop(PHIL)シミュレーションがHIL業界にどのように革命を起こし、電力システムとパワーエレクトロニクスの制御、保護、概念実証のテストを次のレベルに進めているかをご覧ください。



電力アプリケーションで最も厳しい要件を満足

Performance
良く出来たリアルタイムパワーエレクトロニクスおよび電力システムプラントモデルは、高品質のアンプと組み合わせると、ダイナモメーターまたはアナログベンチの性能と一致し、システムが期待通りに動作し大きな信頼が得られます。

OPAL-RTシミュレーターには、パワーアプリケーションの最も厳しい要件(高精度、低歪み、高帯域幅、低位相遅れなど)を満たすアンプ(標準またはカスタム)が含まれています。


Versatile
PHILを使用すると、開発者はアナログベンチや動力計よりも幅広い特性をテストでき、メンテナンスとセットアップの時間を大幅に短縮できます。

これにより、パラメーター、特性、および障害の幅広いバリエーションでハードウェアの堅牢性をテストできます。


Safety
PHILシミュレーションにより、他の手法では非現実的または危険なテストが実行できます。

また、このプロセスにより、実際のモーターや複雑なシステムを使用せずに、インバーターの熱試験が可能になります。
PHILテストは操作の安全性を高め、より安全な製品とシステムの開発に役立ちます。

お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。