〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

Orchestra | 協調シミュレーション -Maximum Flexibility for Co-Simulation of Heterogenous Models in Real-Time-

ソフトウェア

異種モデルのリアルタイム同時シミュレーション

複雑なシステムのリアルタイムシミュレーションを行うには、通常異種モデルを単一の協調シミュレーション環境に統合する必要があります。

多くの場合、これらのモデルは、異なるプログラミング言語で記述されているか、それぞれのシミュレーションツールによって生成されます。
また、異なるチームや企業によって開発されたりすることもあります。
RT -LAB Orchestraは、異なるコシミュレーションコンポーネント間の統合と相互運用を促進し、設計プロセスの早い段階で仮想車両のReal-Time co-simulationを実行します。

独自の技術資産や、任意のモデルを組み合わせで使用できるシミュレーションプラットフォームを活用できます。
より多くのテストを迅速に実行し、設計プロセスの早い段階で仮想車両全体をシミュレートします。
モデル統合の改善は、パフォーマンス向上を意味します。
並列計算を使用したマルチコアシステムのパフォーマンスの向上で 設定時間あたり従来では考えられないサンプリングを実現します。
システムとコードをオープンにすることで 問題を簡単に解決できます。
OPAL-RTの専門知識と技術サポートは、革新的なシミュレーションシナリオにおける無限の可能性を提供します。


同じシミュレーターでの制御モデルと環境モデルのテスト

RT-LABとシミュレーションコンポーネント間の通信レイヤー

RT-LAB Orchestraは、複数のシミュレーションドメイン、異なるチーム、異なる言語、シミュレーションツール、レガシーコードの再利用などの協調シミュレーションの問題を解決します。

  • XML記述ファイルを介してユーザー設定が可能
  • RT-LABフレームワークとデータを交換するためにシミュレーションコンポーネントでCコードAPIを使用
  • Matlab/Simulinkブロックライブラリ


ADASアプリケーション

先進運転者支援システム(ADAS)は、安全性とより良い運転のために車両システムを自動化/適応/強化するために開発されたシステムです。

安全機能は、潜在的な問題をドライバーに警告する技術を提供することにより、衝突や事故を回避するように設計されます。
また、セーフガードを実装して車両の制御を引き継ぐことで衝突を回避します。
アダプティブ機能は、照明の自動化、アダプティブクルーズコントロールの提供、ブレーキの自動化、GPS /交通警告の組み込み、スマートフォンへの接続、他の車や危険に対するドライバーへの警告、ドライバーを正しい車線に維持する、または死角にあるものを表示することができます。


RT-LAB Orchestra技術的特徴

Simulink (Goto/From)

  • 入出力信号アクセス
  • サブシステム全体で対応する信号にアクセス
  • アイテムの名前が変更または削除されたときの接続問題を修正

ソフトのサポート

  • ALTIA Design
  • CANoeVECTOR
  • TestInViewCLEMESSY
  • SCANerOKTAL
  • ProSIVICESI Group
  • ...等多数

Reflective Memory のサポート

  • GEのすべてのカード
  • ドメインを2ターゲットに拡張
  • Orchestra ドメインは2ターゲットでシェア可能
※これらはshared memory では不可能

データ型のサポート

  • 整数、整数配列
  • double、double配列
  • 文字列、文字配列

お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。