〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

パワー・エレクトロニクス・アドオン

PEAdd-on: FPGA-Based Power Electronics Add-On (eHS) for NI VeriStand

EV自動車試験におけるNI/OPAL-RTの協業

NI(National Instruments)とのパートナーシップにより、OPAL-RTのFPGAベースのパワーエレクトロニクスツールボックス(eHS)を、VeriStand Add-OnおよびLabVIEW SDKを通じてNIプラットフォームで利用できるようになりました。

NI VeriStandのアドオンは、EV自動車テストを新たなレベルに引き上げる画期的な統合ソリューションです。
様々なカスタマイズ用に、ソフトウェア開発キット(SDK)がLabVIEWで利用可能です。

NI VeriStand Add-Onとは? 

NIのVeriStandと統合されたOPAL-RTのFPGAベースパワーエレクトロニクスアドオン(eHS)は、HIL(Hardware-in-the-Loop)テスト用の強力なFPGAベースシミュレーションツールです。
パワーエレクトロニクスアプリケーションのコントローラーで使用する場合、ユーザーインターフェイスを介してFPGAに実装した電気回路を、数式の記述無しで自動的にシミュレーションできます。


比類のないFPGAベースのパフォーマンス|主な特徴

サードパーティのパワーエレクトロニックシミュレーションソフトウェアからモデルをインポートできます。
詳細な機械モデルを含め、レゾルバやエンコーダなどもエミュレートできます。
シミュレーション中に、シナリオとパラメーターセットを使用してパラメーターを変更できます。
最高の精度、リアルタイムで複雑なパワーエレクトロニクス回路をシミュレーションできます。


OPAL-RTのソリューションを今すぐお試しください(無料で制約はありません)。
お気に入りの回路エディターで設計されたモデルをインポートし、シミュレーションパラメーター構成で、カスタマイズできるテストシナリオの作成、故障生成、イベントや操作をシミュレートできます。


グラフィカルな回路エディタでFPGAモデルを編集可能なeHSソルバー


FPGA上で実行される回路プログラムを、親しみやすい回路図ベースで編集することができます


ニーズに合わせた完璧なeHSシリーズ

FPGAベースのPower Electronics Toolbox(eHS)は、NI VeriStandベースでエンジニアリングニーズによる2種類のソルバーを提供します。

測定と制御の状態、スイッチ、信号の数などにより、NI VeriStandのソルバーのリスト(eHSx64、eHSx128)から選択します。
利用可能なシリーズの詳細については、VeriStand Add-On仕様をご参照ください。


NI LabVIEW SDK(開発キット)

OPAL-RTは、専門的なユーザーが必要とする高度な機能と相互運用性を考慮しながら、LabVIEWで使えるeHS用ソフトウェア開発キット(SDK)を提供しています。

FPGAベースのパワーエレクトロニクスSDK for LabVIEWには、パワーエレクトロニクスアプリケーションで求められるECUおよびコントローラーのテスト専用のファームウェアの開発に必要なすべての機能が含まれています。
NI CompactRIOおよびPXIハードウェアプラットフォームに対して、新しいファームウェア構成を作成するために必要なLabVIEW関数、およびプロジェクトテンプレートの包括的ライブラリが提供されます。

PC / FPGAベースのリアルタイムデジタルシミュレータ、HILテスト装置、およびRCPシステムに関する比類のない専門知識の提供。
OPAL-RTは、21世紀の自動車技術テストと開発で、主要なOEM、ティア1、および新興企業向けの画期的なソリューション開発。
導入した日からテストベンチが完璧に機能するまで、専門のテクニカルサポートチームが、エンジニアリングの課題解決の手伝いをします。


Success Story

カナダの電気自動車インフラストラクチャプロジェクトの1つとして、トロント大学の応用パワーエレクトロニクスセンター(CAPE)はエネルギー貯蔵会社eCAMIONと提携して、世界で最も長いカナダ横断高速道路のEV充電ステーション用のDC高速充電システム(DCFCS)を構築しました

エンジニアリングチームがOPAL-RTのFPGAベースのパワーエレクトロニクスツールボックス(eHS)を使用することで、開発プロセスが促進され、開発コストが削減され、高電圧および高電流でのシステム開発に固有の安全性リスクが軽減されました。

お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。