QuanserのRCPプラットフォームQUARC -クアーク-

ロボット開発と製品群

RCP(*1)はモデルベース開発の一環で、コントローラがバーチャル(*2)でプラントが実機の構成をさします。

すでに実機が完成している前提で、そのコントロールアルゴリズムが正しいかどうかを、PC上のモデルを使って動作確認をする為のものです。

動作確認が済んだモデルはコード自動生成機能によってCコードに変換され、コントローラのチップに置かれます。
この場合、PCには実際のコントローラと同じリアルタイム性(IOタイミングや制御時間)が要求されます。

*1: Rapid Control Prototyping
*2: Simulinkモデル
QuanserのRCPプラットフォームソフトウエア"QUARC"はSimulinkへ完全に対応しています。
QUARCを使うことでSimulinkモデルを、ハードウエア上でリアルタイムに動作させることができます。

制御アルゴリズムを、QUARCの上でバーチャルなモデルとして実装することが可能です。
さらに、Quanserが提供する様々な機器を使ってコンセプトを確認し、実際に動かして検証を行い、さらに拡張機能や専用ブロックセットを使ってサードパーティの機器を動かす事もできます。

QUARCをお使いいただくことで簡単・効率的に作業ができ、ハイレベルの設計や試験に多くの時間を割くことが可能です。

QUARCとMATLAB/SimulinkおよびVisualStudioへの対応バージョンについて詳しくは、メーカーの製品ページをご参照ください。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Quanser Inc.
119 Spy Court Markham, Ontario L3R 5H6 Canada
Phone:+1 905 940 3575 Fax:+1 905 940 3576

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置