WinConからQUARC.3 リアルタイムコントロールの進化

RCPシステムQUARC

QuanserのRCP(Rapid Control Prototyping)プラットフォームソフトウエア QUARCはSimulinkへ完全に対応しています。
QUARCを使うことでSimulinkモデルをハードウエア上でリアルタイムに動作させることができます。
QUARC2.3はMATLAB/Simulink R2012a and R2012bに完全に対応しています。
どのような専門分野の制御アルゴリズムでもQUARCを使うことでバーチャルなモデルとして実装することが可能です。
さらにQuanserが提供する様々な機器を使ってコンセプトを確認し、実際に動かして検証を行い、さらに拡張機能や専用ブロックセットを使ってサードパーティの機器を動かす事もできます。

QUARCをお使いいただくことで簡単・効率的に作業ができ、ハイレベルの設計や試験に多くの時間を割くことが可能です。

設計とプロトタイピングの速度向上

カナダのビクトリア大学 機械科では、QuanserのHaptic Wand装置とQUARC上で Simulinkを使い、相互触覚リハビリテーション訓練の開発をしています。
ここではQUARCソフトウエアを使ってリアルタイムコントローラを素早く開発し、C++ベースのシミュレーションエンジンと簡単に通信をしています。
教授は「QUARCはSimulinkと非常に相性が良く、Simulinkを日常使っている場合は、RCP(Rapid Control Prototyping)としては素晴らしいし、また研究開発としても優れています。
プログラミングより良い結果を出すことが出来ます」
とコメントしております。

さらに、みんながコードをかけるとは限らないと付け加えたうえで、
「Simulinkモデルを記述するだけでリアルタイムコードを生成・コンパイルすることが出来るので、個別の触覚システムをゼロから開発することなく、今あるSimulinkモデルに開発したブロックを付け加えるだけで、新しいアルゴリズムを早く開発することが出来る。仕事が早くなる」
とも言及しています。

WinCon1.0からQUARC2.3へ

QUARCは20年前Quanserの創始者であるDr. Jacob ApkarianがWindows 上でフィードバック制御設計をブロックダイヤグラムを引用するだけでグラフィカルに行う方法はないかと考えたことから始まりました。

彼はこの仕事をDr. Dan Madillに託し、WinCon1.0が誕生しました。
「この時まだSimulinkは無かった」と彼は回想しています。
「Simulinkが出来たときはまだ リアルタイムコーディングは出来なかった。
それでWinCon2.0を作った、そしてそれがSimulinkに統合された時に自動コード生成ができ、リアルタイムでモデルを走らせることが出来た」
と言っています。

WinConはWindowsのいろいろなバージョンでうまく動作しました。
しかし 時代が経つにつれ技術的な要求や可能性がどんどん広がってくるにつれ、様々な制限が起きてきました。
さらに WinConのコード生成機能はWindowsのコードとの間で複雑になってきました。
そこでQuanserの開発チームは、Winconを再度設計しなおすことにした結果Simulinkと統合することにしました。
名前もQUARCとしました。

制御におけるリアルタイム革命

QUARCソフトウエアの目的の一つに現在から将来にわたるMATLAB/Simulink.との完全な互換性があげられます。
QUARCはOSとしてWindows, QNX, Linuxを選ぶことが出来、概念上“wrapper layer”を使いますので どのOSを選んでいただいても同じように使っていただくことが可能です。
「ユーザーの経験に沿うことが重要」とDr. Madillは言っています。

万能で、使いやすく、拡張性と検証可能なQUARCはリアルタイム制御に革命を起こします。
シミュレーションをスムーズに行い、リアルタイム制御を達成します。結果として制御アルゴリズムの検証を早く出来、開発の時間とコストを減らし、実機を早くマーケットに出すことが出来ます。




※ WinConの販売は終了しております。
WinConの機能は現在、Quarcに引き継がれております。
Quarcにつきましはこちらをご参照、または下記お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

お問い合わせ先
Quanser Inc.
119 Spy Court Markham, Ontario L3R 5H6 Canada
Phone:+1 905 940 3575 Fax:+1 905 940 3576

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置