SimulationXモデルとの連携

リアルタイムシミュレータ

SimulationXはドイツのITI社が開発したマルチドメイン物理モデリングソフトです。

デジタルエンジニアリングにおいてはシステムレベルでのシュミレーションが不可欠です。
大規模な装置全体のモデルを制御を含めて解析し、製品としての性能評価機能評価を実現するシステムシュミレーションを目指します。
SimulationXはパラメータスタディーのツールや、最適設計ツールも用意しています。

Windows環境をフル活用したGUIで、油圧系、トランスミッション系、1D機構系/3D機構系(接触含む)、電気/電圧回路系、流体系(熱流体含む)などの各種物理モデルを統合的に、かつ簡単に取扱うことができるシステム的なシミュレーションソフトです。

SimulationXを用いて作成された物理モデルをS-Function化してSimulinkモデルへ組み込む事により、RT-LAB上でリアルタイムに実行し、また結果を3Dのアニメーションで表示することも可能になります。


もちろん、RT-LABで利用可能なI/Oボード等は全て利用可能なため、SimulationXとの連携により高精度なプラントモデルを搭載したHILS環境を構築することが可能になります。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

ニュートンワークス株式会社
東京都中央区京橋1丁目16番10号(オークビル京橋6階)
TEL:03-3535-2631 FAX:03-3535-2640

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置