FPGAシミュレーションとeHS ソルバ

太陽光発電へのHILS応用事例

FPGAシミュレーションの項で述べました、XillinXSystemGeneratorを使用してHDL言語に変換する方法は、 Simulinkから直接HDL言語にモデルを移せる便利な方法でした。

ユーザーがSimulinkではなくSimulinkのアドオンツールSimPowerSystemsを使用して回路ブロックをお使いの場合、eHSという画期的なソルバがOPAL-RTより開発されました。
この手法はユーザーがSimPowerSystems、PLECS、P-Simなどの回路エディタを使ってモデルを記述した場合、それらのネットリストから自動的にXillinXのVertexシリーズFPGAにモデルを実装できるというものです。
この方法は モデルの規模 速度等に多少の制限はございますが、太陽光発電で用いられる回路の規模につきましてはほとんど問題がない範囲です。

eHSについての詳細はRT-LAB eHSの項をご参照ください。



お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置