太陽光発電の現状と技術的課題

太陽光発電へのHILS応用事例

太陽光発電は日本の風土に合った分散電源として急速に広まっています。

日本は2005年までは導入量において世界一でしたが、様々な事情で世界一の座を明け渡しました。
しかし近年買い取り制度の充実などで、再び導入数が増えてきています。
太陽光発電の導入予測は2020年で、2006年時の20倍になるとされています。

発電コストは日照時間だけではなく、様々な要因が考えられます。

セルやPCSシステムの効率、施工技術など、日本の技術力は世界的にも安定した発電コストを維持しています。

しかしながら、国際競争力においては外国勢の追い上げを受けていおり、2005年には10位以内に4社が入るなど、1位から上位をほぼ独占しておりました。
ですが、2009年では2社しか入っておらず、上位には1社のみになっているのが現状です。 
太陽光発電をより広く安全に使用する為には、まだ技術的な課題が多く残っています。

NEDO再生可能エネルギー技術白書の概要、技術ロードマップには、単体としてのシステムの性能だけでなく、複数台の同時使用や系統との連携など解決しなければならない課題は非常に多いことが示されています。
これらの問題解決には、リアルタイムシミュレータが非常に有効です。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
RCPシステム/ロボット
データ収録装置