Expert Test Framework

SysThink Expert Test Framework

要求定義、テスト仕様の定義、要求とテストのリンク、形式手法の使用、静的分析の実行、テストハーネスの生成、テストケースの実行、ポストプロセス結果、要求カバレッジや システムエンジニアリングの検証と妥当性確認(V&V)ワークフロー等の、完全統合フレームワークワーク

Requirements Validation 要求の妥当性確認

さまざまな形式で要件記述、スプレッドシートに何千ものテストケースを記述、手動でテストハーネスモデルを作成、その後テストベクトル生成し、 さらにコードカバレッジツールと統合、テスト結果を要求にマッピング、これらのプロセス全体を自動化するツールを開発しました。

Expert Test Frameworkは、これらすべての問題に対処する継続的なソリューションを提供する統合プラットフォームで、ワークフロー全体の管理を容易にし、要求仕様の検証と妥当性確認を確実に行います。


Auto-Generation of Test Modules テストモジュールの自動生成

組み込みシステムの詳細なテストには、コンポーネントのユニットテスト、アプリケーションの統合テスト、機能テストと非機能テストなどを定義し、 適切なテストインターフェイスを作成することが含まれます。実装モデル/コードのわずかな変更でも、すべてのテストケースおよび組み立てられたテストインタフェースの再作業を行わなければならない可能性があります。

次世代技術では、別々のテストモデルを持つ必要はありません。テストエンジニアは、テストケースを直接定義し、 CまたはSimulinkの実際のコントロールからテストハーネスを動的に生成し、要件/モデルの変更を使用して既存のテストを更新し、それらを再利用することができます。


Plug & Simulate Controls Algorithm

レガシーシステム用の制御アルゴリズムの開発はC / Fortranで始まりました。最近のシステム開発でも、C言語は単純さの理由で好まれます。しかし、デスクトップでローレベルのCANや他のハードウェアドライバを一緒にシミュレートすることは必ずしも容易ではありません。 Expert Test Frameworkでは、カスタムスケジューラの作成、入力の設定、Cモジュールの独立したコンパイル、パラメータのキャリブレーション、およびさまざまな組み込みの固定および可変タイムステップソルバーによるシミュレーションが簡単にできます。保存された出力結果はレポート作成とともに直接プロットし解析することができます。

Automated Test Driven Development

MBSE(Model based Systems Engineering)テスト駆動開発(TDD  Test Driven Development)の適応により、膨大な知識のリポジトリ、テスト成果物、およびツールのネットワークの管理が複雑になります。

プログラムに必要な各機能について、最初にテストを書き(これをテストファーストと言う)、そのテストが動作する必要最低限な実装をとりあえず行った後、コードを洗練させる、という短い工程を繰り返すスタイルです。
多くのアジャイルソフトウェア開発手法、例えばエクストリーム・プログラミングにおいて強く推奨されている。近年はビヘイビア駆動開発へと発展を遂げています。

Expert Test Frameworkは、最初のコンセプトからシステムの最終リリースおよび保守まで、Vプロセスのすべてのフェーズを管理するステップバイステップのアプローチを提供します。
さまざまなフェーズ間の移行は自動化されており、知識とツールの統合およびエキスパートシステムの適用によってシームレスに行われます。


Save Testing Effort

複雑な組込みシステムの検証と妥当性確認(V&V)のワークフロー全体を、当社の統合テスト環境で簡単に定義し自動化することができます。
時間と労力を節約し、それによって十分にテストされたソフトウェアを顧客に早期にリリースするのに役立ちます。エンジニアリングプログラム全体でテスト成果物を再利用することで、さらに多くの節約を実現できます。


Platform Independent 独立したプラットフォーム

Expert Test FrameworkはMATLAB-Simulink and Cを含む複数のネイティヴプラットフォームやオペレーティングシステムをサポートしています。

モデル開発者とテストエンジニアは、既存のテストの移行、新しいテストの開発、バージョン管理、エンジニアリングチーム間でのテスト仕様の統合と共有を簡単に行うことができます。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

SysThink Technologies

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

MBD・計測
リアルタイムシミュレータ
EMTP-RV
モデルベース開発
データ収録装置