〒464−0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

System Designer 分散開発用アーキテクチャ設計・モデル結合ツール

SysThink System Designer

SystemDesignerとは、アーキテクチャ設計を記述するためのエディタツールです。

アーキテクチャツールの抱える課題として、Simulinkに描くモデルを、設計書にも描かなくてはならない事(二度手間)が挙げられます。
設計プロセスにおいてアーキテクチャ設計は非常に重要な要素を占める一方、現実にはその作成と維持に費やす工数を割くことが困難な現場も決して少なくありません。

V字プロセスにおけるシステムデザインは曖昧なプロセスであり、その作業の一部に当たるアーキテクチャ設計は抽象度の幅の広いプロセスとも言えます。

頭の中で何となく描いた曖昧なラフ(抽象度高)からモデル(抽象度低)まで抽象度を落としていく工程は、どこの現場でも必ず行われているプロセスではありますが、 それがどれだけ意識的にされているかの差異は、それが仕事のプロセスとしてどこまで組織的に規格化されているかの差とも言えます。
アーキテクチャと実装は作業内容的に二度手間になりがちなプロセスでもある為、現場のリソースに応じて対応できる範囲に差が生じてしまう事による差異でもあります。

SystemDesignerは、アーキテクチャ設計を二度手間の仕事にすることなく行い、かつ設計とモデルを分散開発に適合させる為のサポートをするツールです。


曖昧なラフ絵から描き始めるアーキテクチャ

SystemDesignerは大まかなラフからアーキテクチャを書き始める事が可能です。

アイテム欄よりダミーのコンポーネントをドラッグ&ドロップするだけでラフのイメージを組み立てる事が可能です。


分散開発に対応したアーキテクチャ

SystemDesignerは描いたアーキテクチャをコンポーネント毎(もしくはサブシステム内のコンポーネント毎)にライブラリブロックへリンクする事が可能です。
この機能を利用してライブラリ毎に開発を振り分ける事で、分散開発を促進する事が可能です。
振り分けて開発されたライブラリブロックが集まってきたら、それをSystemDesigner上で紐づけます。

現実の現場においては、先にコンポーネントを作成して後で相互の結線を検討しなくてはならないケースも往々にしてありますが、 SystemDesignerは、実際に出来上がってきたライブラリブロックのIn/Outをベースに設計上のコンポーネント間結線を見直すといったケースにも応用可能です。


コンポーネント間結線を検討

コンポーネント間の各In/Out接続をコンポーネント開発の後から検討しなくてはならないる場合など、全てを手作業で結線するのは多くの工数を要します。

SystemDesignerはすべての結線を人の手で行うことなく、結線ルールを定義する事で自動で接続をする事が可能です。
集まったコンポーネントをSystemDesignerにレイアウトして自動結線をするだけでも、おおまかな結線をする事が可能です。
自動結線の成否から、各コンポーネントのIn/Outの命名仕様が適切であったかどうかの判断にも繋がります。


アーキテクチャベースのモデル生成

SystemDesignerのアーキテクチャ設計はSimulinkモデルの自動生成にも対応しています。
アーキテクチャ設計上で個々のコンポーネントに紐づけられたライブラリブロックは、生成時に自動的に呼び出され、モデル中に埋め込まれます。


動作環境
OS Window7 64-bit 以上
Memory 2 GB以上
Disk space 500 MB以上
CPU Intel Core2 3.0GHzクラス以上
Screen Resolution 1024 x 768 以上


推奨環境
OS Window7 64-bit 以上
Memory 4 GB以上
Disk space 1 GB以上
CPU Intel Core i3 2.0GHzクラス以上
Screen Resolution 1280 x 800 以上




お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

SysThink Technologies

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。