プロセスラマンシステム

ラマンについて
  ラマン現象は1928年インドの物理学者チャンドラセカール・ラマンとK・S・クリシュナンにより発見されました。
  光が物質に入射した時、固体や分子の振動・回転等により光が変調され、その結果生じたねじれが、もとの波長とは異なる波長の光として観測される現象です。
単一光であるレーザーを物質にあてると光は物質の表面で反射し、同じ波長の光が返って来ます。同時に非常に弱い信号ですが入射された波長と異なる波長の光も観測されることがわかっています。この性質を利用して物質の特性を解析することが出来ます。
 
     
  ラマンシフトと単位(波数)
   
ラマン分光装置と赤外分光装置
   
各種ラマン分光装置の紹介
 
ラマン分光装置のコンポーネント
   
  レーザー
   
  分光器
   
  プローブ
   
  CCD検出器
   
   
   



分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置