ラマンプローブ

レーザーラマン分光装置

   
  ラマンプローブはレーザー光をサンプルに当てて、ラマン散乱光を集める役目を果たします。
また集めたラマン散乱光からレイリー散乱光を取り除きます。
  ストークス光は、レイリー散乱光に比べ信号レベルが10-6から10-8と低い為、これを取り除くには特別なフィルターが必要です。
  一般的にラマンプローブ には3種類のフィルターが取り付けてあります。

  * BPF(バンドパス)
  励起レーザーのサイドバンドの信号を除去します。

  * ダイクロイックフィルター
  ラマン散乱光(ストークス)とレイリー散乱光を分けます。

  * LPF(ロングパス)
  長波長を通し、短波長を反射することでレイリー散乱光をさらに抑制します。

   
ラマンプローブの構造
レーザーラマン分光装置 ラマンプローブの構造
B&WTek社提供の資料より
 
LPFとダイクロイックフィルターを組み合わせることでODは6〜8程度になります。
レイリー散乱光をこの組み合わせで10-6から10-8まで小さくすることが出来ます。プロセス用にはプローブが使われる環境に応じて液浸・高圧・高温など様々な種類のプローブが用意されています。
また、ファイバーを使う場合最長500mまで延長することが可能です。用途にあったプローブの選択はラマン測定においては非常に重要です。



お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置