ラマン分光装置の利用分野

レーザーラマン分光装置

   
  ラマンの特徴を活かし、下記のような分野でよく使われています。
    1.水溶液(エマルジョン等)の測定(ガラス容器のままでも測定が可能)
    2.ポリマー重合体のモニタリング  結晶性・配向性の確認
    3.触媒の評価  腐蝕・酸化の評価
    4.ガス(麻酔、呼吸)のリアルタイムチェック
    5.繊維(アラミド、炭素、PP)などのストレス反応
    6.危険物などの同定(サンプルの前処理が不要)
    7.医療・美容関連
    8.宝石などの識別や評価
   



お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置