レーザー

レーザーラマン分光装置

   
  ラマン分光に使われるレーザーはほどんど半導体レーザーが使われます。
半導体レーザーは現在400nm(青色)近くから1800nm(赤紫)まで作られていますが、この内、488nm(青),532nm(緑),670nm,785nm,830nm,860nm(いずれも赤)の波長がラマン分光装置には良く使われています。
一般的には785nm(赤)が多く使われます。
分析機器に使われるレーザーは非常に安定度が要求されます。

ラマン分光で使用されるレーザーには、シングルモードとマルチモードの2種類があります。
シングルモードはレーザーの径を非常に小さく絞ることが出来ます(1-3μ程度)が、レーザーパワーは50-60mw程度しか得ることが出来ません。
シングルモードは主に顕微鏡を用いたラマン装置に使用されます。

マルチモードはもっと大きなダイオードを使いレーザー径は最大200μにもなりますが、最大1000mw近くのレーザーパワーを得ることが可能です。
マルチモードは50μから100μ以下で焦点を結ぶことは困難ですので、顕微鏡には使用することが出来ません。
 
 
 
 
   



お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置