ラマンのメリット

ラマン分光装置と赤外分光装置



ラマンのメリット
  ラマンをプロセスに使う場合には、赤外に比べ非常に多くの情報が得られると共に
下記のようなメリットがあります。
     
  水の影響を受けない
    ― 中・近赤外はサンプルの調整が必要
  プロセスの中で直接プローブを入れるだけ
    ― 赤外はプローブの使用が困難
  分解能は波数の位置で定義される
    ― 赤外の分解能の定義は複雑
  定量性に優れている
    ― 赤外の場合、光量変化が影響をする
  ケモメトリクスのモデルを生成することが容易
    ― 近赤外は難しい(自社でモデル作成が困難)
   
   
ラマンと赤外の比較表
  ラマンと赤外の特徴を表にまとめたものです。
   
 
波数領域(cm-1)
ラマン
4,000-50
近赤外
13,300-3,300
中赤外
4,000-400
分析分野
ガス
液体
固体
水系
肉眼で見えるサンプル
肉眼で見えないサンプル
 
 
×
×
 
×
得られる信号
サンプリング
ガラス容器(窓材)の使用
In Situ
簡単
簡単
困難
×
×
定量
色についての依存性(蛍光の影響)
×
ファイバーの使用
×
得られる情報量
 
非常に多い
 
少ない O-H N-H C-Hに
関わる振動情報
非常に多い
 
波形からの判断とモデリング
必ずケモメトリックスが必要





お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置