〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

CSUアンプ用ACテストベンチ ソフトウェア | 4QAC


図1 スクリプトモードでの4象限動作のスクリーンショット

4象限 AC電源

4象限AC(4QAC)は、COMPISOシステムユニット(CSU)用の高度なACテストベンチフレームワークアプリケーションです。
この時間ベースのデジタル任意波形発生器は、CSUのすべての動作モードをサポートし、正弦波、高調波を含む正弦波、方形波、三角波などの波形を生成できるようにします。
さらに、HVRT(High Voltage Ride Through)、LVRT( Low Voltage Ride Through)、周波数スイープなどの複雑なテストシーケンスとシナリオをプログラムできるため、実験室での操作やパワーエレクトロニクスデバイスの認証テスト等のアプリケーションに適しています。
アプリケーションのコアはスクリプトモードです。
これは、複雑なシーケンスをプログラムし、テスト実行中に動作変更の波形を定義できるCベースのスクリプト言語であるEPS(EGSTON Power Script)が利用出来る環境です。

主な機能

  • CSU操作モードサポート
  • 操作しやすく強力なインターフェース
  • パワエレ業界のテストと認証向けに設計
  • 交流電力の電源、吸込みの双方向潮流(電力フロー)が可能
  • 完全4象限動作
  • マルチチャネル時間ベースの任意波形発生
  • 正弦波、高調波を含む正弦波形、方形波および三角波をサポート
  • スクリプトモードでEPSを使い出力をプログラミング
  • 3相位相同期回路(PLL)モード
  • 設定値を送信して測定値を受信するためのSFP(SmallForm-Factor Pluggable)光ファイバーインターフェイス
  • 周波数、振幅、DCオフセット、および位相信号パラメータ1msのリアルタイム更新レート
  • 最大6つの独立または同期チャネルでのセットポイント生成
  • 簡単な定義や波形生成(正弦波 方形波 三角波)が簡単に行えるグラフィカルエディタ


制御モード

  • 電圧源、プログラム可能な信号生成シナリオ
  • 電流源 プログラム可能な信号生成シナリオ
  • 電圧/電流混合モード プログラム可能な信号生成シナリオ
  • 3相位相同期回路電流(I)モード 電流源/負荷
  • 3相位相同期回路皮相電力(S)モード 電源/吸込負荷

波形タイプ

  • 正弦波
  • 高調波を含む正弦波
    100次までの高調波
    ・高調波間周波数成分
    ・周波数以下の高調波(分数調波高調波など)
  • 矩形波(Dutyサイクル(0-100%)調整 システムステップとインパルス応答を取得するために使用可能
  • 三角波(鋸波もサポート)

EPS

  • 任意の持続時間でスクリプトベースのシグナルシーケンスを生成するためにEGSTONによって開発
  • Cベースのスクリプト言語
  • 基本コンセプト:簡単な関数呼び出しですべての基本関数を簡単に定義
    ・周波数、振幅、位相角、DCオフセットのグローバル変数定義
    ・ユーザー定義関数
    ・基本演算子 , e.g., +, -, *, /, AND, OR, NOT, Modulo, Shift, 比較器
    ・ブロックステートメント , e.g., if, if-else, while
  • I/Oコマンド
  • 標準的な業界テストおよび認証シグナルシーケンス用のすぐに利用できるサンプルEPSスクリプト
    ・故障時運転継続性能Fault Ride Through (LVRT / HVRT)
    ・周波数ドリフト
    ・周波数スイープ
    ・高調波間周波数成分 副高調波
    ・IEEE 1547.1-2020に基づくアイランドテスト
  • スクリプト開発ワークフロー
    ・文法チェック
    ・コンパイル
    ・リアルタイムプロセッサーへのアップロード
    ・テストシーケンスの実行

視覚化

  • テキストエディタと制御フローボタンを備えたEPS統合開発環境
  • 信号プレビュー表示 
  • コンパイル状態表示
  • CSU状態表示
    ・CSU動作モード
    ・CSU PWM可能
    ・CSU 準備完了
    ・CSUとアプリケーション動作モード一致
    ・デジタルインターフェース稼働
  • アプリケーション状態 ・ホストPCとリアルタイムプロセッサーの接続状況
    ・SFPデジタルインターフェース正常稼働

数値的および時間関連事項

  • 設定時間間隔 4 µs
  • 6チャンネル
  • 周波数、振幅、位相、DCオフセットの1msパラメータ更新レート
  • IEEE 754 単精度 浮動小数点
  • 内部フリーランニングまたはフェーズロックタイムベース
  • 動的テストの手動トリガーによるEPS制御

インターフェース

  • 信頼性の高いリアルタイムセットポイントと測定データ交換のためのCSUとリアルタイムプロセッサ間のSFPベースの光リンク


図2 通信構成


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

EGSTON Power Electronics
Inkustrasse 1-7, Stiege 2
3400 Klosterneuburg, Austria
TEL:+43 2243 21288–0