〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

CSUアンプ用DCテストベンチ ソフトウェア | 4QDC


図1 DC曲線を操作する4QDCのスクリーンショット(緑)

4象限 DC電源

Four-Quadrant DC(4QDC)は、COMPISOシステムユニット(CSU)用のDCテストベンチフレームワークアプリケーションです。
すべてのDC構成で、DCソース(電源)またはシンク(負荷)としてすべてのDC動作モードをサポートします。

I-V曲線を定義し、PVモジュールアレイなどの実デバイスをエミュレートできます。
さらに、定電圧、電流、または電力でDCシステムをテストする可能性も提供します。
正または負の電圧、電流、および電力を設定する機能により、動作領域は4つの象限すべてに拡張されます。


主な機能

  • CSU動作モードサポート
  • DCソースおよびシンクとしての双方向パワーフロー4象限動作
  • 調整可能な内部インピーダンス  (R,L)エミュレーション 運転領域および制限値内でのスルーレート調整可能
  • 最大8個まで可能な4096ポイント定義のIV曲線、 .csvファイルからの単純な曲線のインポート
  • ユーザー定義の曲線間の動的遷移 PVモジュールエミュレーション
  • 測定とシステム状態のモニタ
  • 最小、最大、最大電力点座標を特徴とする静的曲線解析

制御モード

  • 定電圧
  • 定電流
  • 定電力
  • 最大8個のユーザー定義I-V曲線を備えた機能モード

制限

ハードウェア制限(赤い曲線図1)はユーザーが設定することはできず、CSU全体の構成によって異なります。
独立した電流、電圧、および電力のソフトウェア制限(図1のオレンジ色の曲線)は、ハードウェア制限内でユーザーが定義できます。


可視化

  • 電圧、電流、電力 測定
  • ユーザー定義曲線のI-V図、ハードウエア・ソフトウエア制限、インポートされた曲線に沿って表示される動作点トラッカー

    CSU状態表示
    ・CSU動作モード
    ・CSU PWM可能
    ・CSU準備完了
    ・CSUとアプリケーション動作モード一致態
    ・デジタルインターフェース稼働

    アプリケーション状態
    ・ホストPCとリアルタイムプロセッサーの接続
    ・SFPデジタルインターフェース正常稼働

インターフェース

  • ホストPCとリアルタイムプロセッサ間のTCP / IPベースの構成
  • 信頼性の高いリアルタイムセットポイントと測定データ交換のためのCSUとリアルタイムプロセッサ間のSFPベースの光リンク


図2 通信構成



お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

EGSTON Power Electronics
Inkustrasse 1-7, Stiege 2
3400 Klosterneuburg, Austria
TEL:+43 2243 21288–0