〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

パワーHIL用アンプ | SU200–1GAMP6-HV

CSU200-1GAMP6-HVは、ガルバニック絶縁された双方向200 kVAエミュレーションおよびテストシステムです。
6台の独立した双方向スイッチモードパワーアンプを備えており、事前定義されたACおよびDC動作モードと、ユーザー定義のHILベースモデルで動作します。

電流・電圧制御、その混合モードで動作でき、電源グリッドへの電源供給と回生電力の間のシームレスな移行を備えたソースまたはシンクとして機能します。
5kHzの大信号帯域幅と15kHzの小信号帯域幅をもち、100次までの高調波と、 15kHzまでの高調波間周波数成分が生成できスムーズな周波数掃引を実現します。
EGSTON Real-Time(RT)プロセッサ、または高速光ファイバ(SFP)か、アナログインターフェイスを介した外部HILシステムで制御されます。

オプションの4QACソースソフトウェアを使用すると、振幅、周波数、位相(タイムシフト)、およびDCオフセットを1ミリ秒ごとに変更できる任意の周期波形を生成できます。
有効電力と無効電力は、各相で1ミリ秒ごとに個別に変更できるため、高電圧や低電圧の故障時運転継続性能(Fault Ride Through (LVRT / HVRT))や周波数ドリフトなどのより複雑なテストシナリオが可能になります。

オプションの4QDCソースソフトウェアアプリケーションは、定電流、定電圧、または定電力動作から、I-V曲線でモデル化されたPVアレイやバッテリーのエミュレーションなどのより高度なシナリオに至るまで、さまざまなDCテストを実行できます。

オプションのPowerSCOPEを使用して、システムの設定値と生成された出力電圧および電流を監視できます。
チャネルあたり250kS / sのサンプルレートで、最大64の入力チャネルの視覚化と保存をサポートします。


図1 Simplified block diagram of the CSU200-1GAMP6-HV system
CSU100-1GAMP6-HVは、ガルバニック絶縁のために230kVAグリッド変圧器を介して三相電力グリッドに接続します。
このシステムは、50/60 Hzで400〜690Vの三相電圧に適合できます。
変圧器は、グリッドのAC電圧を850 Vの制御されたDCリンク電圧に変換する双方向アクティブフロントエンド(AFE)に電力を供給します。
AFE:能動前段回路=系統電源電力をアンプが使う直流に双方向に変換する交直変換回路

このアンプグループは、1台のCOMPISO制御デバイス(CCD)と1台のプログラマブルロジックコントローラ(PLC)で制御されます。各アンプの出力電圧と電流は、その出力端子で測定します。

CSU200-1GAMP6-HVシステムは、4つのCSUキャビネットと、システムの監視、構成、および制御に使用されるEGSTONコントロールセンター(ECC)ソフトウェアを備えたデスクトップPCで構成され、図2に示す標準動作モードのいずれかで動作できます。



図2 CSU200-1GAMP6-HV動作モード


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

EGSTON Power Electronics
Inkustrasse 1-7, Stiege 2
3400 Klosterneuburg, Austria
TEL:+43 2243 21288–0