〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

リアルタイムプラットフォーム | REAL TIME PROCESSOR


図1 Real Time Processor(RTP)
リアルタイムプロセッサ(以降、RTP)は、プログラム可能なテストフレームワークとしてのEGSTONPowerアプリケーションを実行するリアルタイムプラットフォームです。
高い計算能力とコンパクトな設計で豊富なインターフェースを備えています。
RTPとMultiGAMPController(MGC)、COMPISO Control Device(CCD)、外部Hardware In the Loop(HIL)デバイス間の接続は、光SFPトランシーバーを介して可能です。
EGSTON Power Applicationsを実行するPCは、イーサネットスイッチを介してRTPに接続します。

イントロダクション


COMPISOシステム通信構成
図2に、COMPISOシステムユニット(CSU)の通信アーキテクチャを示します。

RTPは、4QAC,4QDCなどのEGSTON アプリケーションを実行するためのリアルタイムプロセッサーで、プラスチック光ファイバーを介してCOMPISO Control Device(CCD)に接続され、EGSTON App PCとPowerSCOPE PCは、イーサネットスイッチを介し、HILにはSFP拡張ポートを介して接続されます。

機器構成

リアルタイムプロセッサは、ベースボード、FPGAコントロールボード、および拡張ボード(1〜4ボード)で構成されています。これらのボードには、次の特徴があります。

RTPベースボード
  • 入出力インターフェース
  • 追加のFPGAモジュールボード

FPGAモジュールボード
  • デバイスの入力と出力の間のデータフローの収集、処理、および一般的な制御

RTP拡張ボード
  • 追加のPOFインターフェースを提供
  • 追加ボードの最大値は4




お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

EGSTON Power Electronics
Inkustrasse 1-7, Stiege 2
3400 Klosterneuburg, Austria
TEL:+43 2243 21288–0