〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

Power HILプロセスへの理解

Author : SYED QASEEM AL
IRT Spotlight Zurich –

PHIL(Power hardware-in-the-loop)シミュレーションは、エンジニアリング設計やプロジェクトのさまざまな段階での、機器の設計テストおよび検証のためにますます注目されています。

PHILを使用することで、実際に配備されたテストベンチよりもより柔軟性にテストができます。
ただし、PHILインターフェースは、正しく設計されていないと、システムが不安定になる可能性があるため、PHILシミュレーションの設定プロセスは簡単ではありません。
したがって、PHILシミュレーションの設定プロセスでは、安定したインターフェイスを確保するためにさまざまな要素を慎重に検討する必要があります。

PHILアプリケーション

  • 熱システム
  • ヒートポンプ
  • 熱要素
  • HVACシステム

メカニカルシステム

  • 内燃機関のテスト

動力計の使用

  • 風洞を用いた空力試験
  • 風力発電

マルチフィジックスシステム

  • 電気機械
  • 電気牽引駆動試験

ダイナモ

  • 電気熱

パワエレ熱試験

  • 電気化学

電池テスト

  • マルチドメインシステム
  • 航空宇宙システム


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。