〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

Karma AutomotiveにおけるHardware-in-the-LoopとFast Prototyping

Author : Dr. Geng Niu         RT Spotlight San Francisco ?

Karma Automotiveのインバーターチームは、Karma EV用のパワーインバーター(HWおよびSW)の自社開発を行っています。
インバーターSWおよびHW開発の最初のステップとして、HILとインバーターRCPを開発しました。

HILは、SW開発タスクの主要なツールであり、SW検証テストも含むように拡張されています。
一方、RCPは、将来のEVプラットフォーム用のインバーターHWの実装を容易にするために不可欠なツールです。

このユニットには、高周波サンプリングとモニタリングを備えたソフトウェアアプリケーション層の開発のための強力なツールもあります。
ここでは、OP5700プラットフォームを使用したHILユニット(パワーステージとモニタリング)の構造と、CANバスを介した制御ボードとの相互作用について説明します。

また、自動検証テストの実装に使用されるOP5700プラットフォームのCANユニットについても説明します。
さらに、OP4510プラットフォームを使用したRCP(モーター制御アルゴリズム、保護、診断、CAN通信を含む)の開発についても説明します。HILを使用したRCPのテストについても言及します。



お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。