〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

高性能パワーエミュレータを使用したP-HIL統合電源テストシステム

Author : Dave Eddy       RT Spotlight San Francisco ?

シミュレーションを中心とするシステムレベル分析は、統合電源システムの課題を解決するための有効な技術として認識されており、高性能電源エミュレーションは、最終的にシステムを組み上げる前にできるテストの範囲を広げます。

DC電源システムは、EV / HEV自動車から、電気航空機(MEA)、データセンター、マイクログリッドに至るまで、ますます多くのアプリケーションに適用されています。
これらのDC電源システムの安定性は、それらの正確な動作にとって非常に重要です。

一定の電力負荷と、多くの負荷の双方向の電力潮流、および寄生インダクタンスと分布容量が関係する安定性の正確な計算とシミュレーションは、常に大きな課題です。
負荷の帯域幅より速く制御できる帯域幅を持つ双方向電源は、システムのマージンを決定するのに非常に役立ちます。

D&V ElectronicsのDCE(Direct Current Emulator)の機能、およびこの機能を使用してDC電源システムを設計およびテストする方法について説明します。
DCEは、サブマイクロ秒のレイテンシを持つ高速光ファイバーインターフェイスで制御でき、P-HIL(Power Hardware In the Loop)上で微小信号の安定性を検証できます。
DCEを使用するDC電源システムと電源システムコンポーネントは、電源システムに対する双方向負荷として、またはDC電源システムに接続するコンポーネントをテストするための電源として使用できます。

DCEがDC電源システムをエミュレートする場合、制御可能なソースインピーダンスとして、過渡電流と制御したノイズ・リップルを生成できます。
D&Vの電気モーターエミュレーターと組み合わせてP-HILにも対応し、完全な車両システム統合とコンポーネント互換性テストが実現できます。




お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。