〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

バッテリマネジメントシステム

柔軟性とパフォーマンス

OPAL-RT TECHNOLOGIESは、Comemso®と共同で、最高レベルのバッテリー管理システムHILテストソリューションを提供します。

柔軟なBMSアプローチは、新しい技術が車両に導入されるとすぐにそれらと統合できます。
BMSテストの過程で、既存の物理テストベンチからリアルタイムHILシミュレーションプラットフォームに簡単に移行できます。

BMSシステムのあらゆる機能を制御できます。

・故障注入
  ・開回路電圧
  ・セル 短絡会と
  ・セル 極性変更
・充電/放電(高速・低速可能)
・単セルバランス電流(パッシブ・アクティブ)最大4.9A
・保護
  ・単セル過負荷
  ・単セル過放電
  ・加熱
  ・バッテリケース絶縁
  ・Release Test(液漏れ?)
・CAN通信
・スタック電圧/電流エミュレーション



Battery Management System HIL Test Solution

バッテリセルエミュレータ

comemso®BCSを使用すると、BMSの電圧源と電流負荷の調整、及び高精度の機能テストが可能です。
各セルには電子負荷があり、アクティブ・パッシブバランシングが使用できます。

comemso®BCSは、セルレベルで、かつてないダイナミクスなバッテリー管理システムをテストできます。
バッテリーセルエミュレーションにより、BMSの安全で再現性のある完全自動テストを実現できます。
バッテリーセルシミュレータは、BMSテストシステムの中核です。


コンパクトバッテリセルシミュレータ概要?

  Light Basic Basic+F Basic+F Basic+F Full
μA Hiload
高さ 2HU 2HU 2HU 2HU 2HU 2HU
モジュールごとのセル数 12 12 12 12 12 12
最大セル数 200 200 200 200 200 200
電源 1.0A 4.9A 4.9A 4.9A 4.9A 4.9A
吸い込み 10.A 2.0A 2.0A 2.0A 4.5A 4.5A
故障シミュレーション    
電流測定 μA        
電流測定 +/-5A
高速電流測定(電荷)  
電源と吸い込みは別々に扱う:もし吸い込みを2.0Aに設定した場合 電源は2.9Aである(4.9A-2.0A)


テクニカルデータ

通信 CAN/EthreCAT
100Mbits/s
コネクタ 115V/230V CEE3×16A
安全 緊急時シャットダウン
絶縁(セル/通信) 2KV
絶縁(セル/セル) 60V
セル数 12から200
1ラックのセル数 144


BMSテストのリアルタイムシミュレーションの利点

パワーエレクトロニクスのリアルタイムシミュレーションは、HILシミュレーションにおける最大の課題の一つである高忠実度のパワーエレクトロニクスとモーターを使用してBMS HILテストカバレッジを拡張します。

PWM周波数をキャプチャするI / O機能、クローズドループシミュレーションの全体的なレイテンシ、結合スイッチの数学的解法、および複雑なパワーエレクトロニクスコンバータのすべての段階での障害投入ができます。

OPAL-RTは、EVおよびエネルギー貯蔵のテストおよび研究のためのスケーラブルなソリューションをもたらします。



コストの低減:comemso®セルエミュレータとPHIL

Power Hardware-in-the-Loop(PHIL)シミュレーションは、HILから自然に拡張できます。
リアルタイムシミュレーション環境は、低電圧、低電流信号だけでなく、テストしたいデバイスの必要なあらゆる電力を交換できます。


Power HILシミュレーションでは、comemso®セルエミュレーターによってセルのサブセットがエミュレートされ、バッテリースタック電圧/電流は電源またはアンプによって提供されます。
このハイブリッドベースのソリューションは、テストカバレッジを完全に行いコストを削減します。


Vehicle-to-Grid(V2G)テストおよび検証のために、BMS HILテストベンチを仮想電力グリッドに接続

EVユーザーベースが増加するにつれて、制御されていない充電が既存の電気インフラ内で低電圧とネットワークの混乱(混雑)を引き起こす可能性があります。

リアルタイムシミュレーションにより、車両のバッテリー、充電ステーション、配電網の間の相互作用を同時に調べることができます。

このアプローチは、革新的な充電戦略をテストし、電力網に対するバッテリーの影響の研究に非常に役立ちます。

OPAL-RT Technologiesは、対象となるリアルタイムソフトウェアのさまざまなスイートを備えており、最も先進的なV2G制御アプローチに対応できます。



お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。