〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

サイバーセキュリティ

電力グリッドのセキュリティ確保

今日の電力グリッドは、新しい「インテリジェント」テクノロジーの恩恵を受けて急速に進化しており、効率とパフォーマンスを向上させています。

しかし、これらの新しい技術により、電力グリッドはますます高度化するサイバー攻撃に対して脆弱になっています。
この脅威に対応する為、新しいソリューションが必要になりました。

サイバーセキュリティに焦点を合わせ、電力システムの専門家の新しいセキュリティ要件を満たすために、OPAL-RTは、最先端のオープンパワーシステムとリアルタイムシミュレーションプラットフォームを提供します。


重要なインフラの完全なサイバーフィジカルソリューション

OPAL-RTは、高性能通信システムシミュレーションの世界的リーダーであるScalable Technologiesと提携しています。

このパートナーシップは、世界中のサイバーフィジカルアプリケーションのサポートに役立ちます。
情報技術の使用は大きな利点をもたらしますが、システム内の脆弱性をさらす危険性もはらみ、新しいサイバー攻撃ベクトルを開く可能性もあります。
Scalable TechnologiesとOPAL-RTのパートナーシップは、電力網などの重要なインフラストラクチャの設計と保護に関して、組織とエンジニアが直面する現代のサイバーフィジカルの課題に対処できます。




サイバーセキュリティのリアルタイムシミュレーション

リアルタイムシミュレーションは、制御された環境で実際のサイバー攻撃やシステム障害をシミュレートできることから、強力で効率的なテストツールとして使われています。

OPAL-RTのシミュレータは、多数の緊急シナリオをリアルタイムで同時にテストできます。
サイバーセキュリティアプリケーションの場合、OPAL-RTは通信ネットワークとさまざまなシミュレーションプロトコルを組み合わせて、通信障害やサイバー攻撃を効果的に再現し、電力網への影響を効果的に調査できます。

電力グリッド保護の確保

OPAL-RTおよびScalable Technologiesは、電力グリッドと通信ネットワークの開発、テスト、評価のための完全なサイバーフィジカルソリューションが提供できることを誇りに思っています。

強力なシミュレーションツールを活用して、重要なインフラのサイバーセキュリティ、信頼性、効率性を確保できます。


OPAL-RTは、送電網でのサイバー攻撃の調査と防止に不可欠なコンポーネントを提供します

OPAL-RTは、送電網でのサイバー攻撃の調査と防止に不可欠なコンポーネントを提供します。

OPAL-RTの正確なリアルタイムテストは、電力網の安定性と信頼性に対するサイバー攻撃とシステム障害の潜在的な結果を正しく予測することに役立ちます。


OPAL-RTソリューション

  • あらゆる規模の仮想電力グリッドの重要なコンポーネントをシミュレートし、あらゆる種類のシナリオを再現できるテストプラットフォームの提供
  • すべてのグリッドコンポーネントが一貫して実行されていることを確認
  • グリッドコンポーネントを改善して、信頼性が高く、安全で追跡可能な結果を得る
  • 最新の送電網で使用される多種多様なドライバーと通信プロトコルをサポート

サイバーセキュリティでのOPAL-RTの推奨システム


OPAL-RTは、大規模な電力システムの電磁過渡現象をシミュレートし、電力システムのサイバーセキュリティを脅かす運用上や信頼性の問題に取り組むことができる唯一のリアルタイムデジタルシミュレーターです。

OPAL-RTは、世界でも唯一のリアルタイム位相ベースのシミュレーションを提供します。

ePHASORSIMは、最大規模の電力グリッドの過渡安定性をシミュレートできます。
リスク評価調査の実施、高レベルの制御システムとアプリケーションのテスト、複雑なグローバル制御と保護スキームのアルゴリズムの検証を目的としたサイバーセキュリティベンチに最適です。

MATLAB™? Simulink™? Simscape Electrical™(旧SimPowerSystems™)ベースのリアルタイムデジタルシミュレーターは、電力網、および最も複雑で最速なパワーエレクトロニクス およびコンバーターシステムに必要な電磁過渡現象を正確にシミュレートします。

構成事例



サイバー攻撃の事例

リアルタイムシミュレーション用のOPAL-RTプラットフォームは、電力網と電力システムの専門家を脅かす最も広範なサイバー攻撃がテストできます。一般的な例を次に示します。

Denial-of-Service (DoS)

DoSは、直接攻撃または間接攻撃により、重要なサービスを利用不能にします。

DoSは、通信インフラストラクチャへの物理的な攻撃も指します。これには、ワイヤの切断や無線妨害が含まれます。


Man-in-the-Middle (MitM)

MitMは、外部の攻撃者は、通信ノードのペアがまだ正常に通信していると誤解させることにより、通信を行う二者の間に割り込んで、 両者が交換する公開情報を自分のものとすりかえることにより、相手に気付かれることなく盗聴したり、通信内容に介入したりします。


なりすましと再放送による遅延攻撃(GNSS Spoofing/Meaconing)

サイバー攻撃の下で、全地球航法衛星システム(GNSS)受信機が攻撃を受けると、シミュレート、再生、またはその他の誤った衛星信号にロックされ、受信機を誤った位置や時間に位置されます。

「なりすまし」または「再放送攻撃」は、時刻の同期に大きく依存しているPMUおよび同期位相システムに大きな脅威をもたらします。


資料と顧客事例



お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311 FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。