〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

発電システム

発電システムの安定性を高める

過去10年間に、北米電気信頼性公社(NERC)は、周波数安定性問題が著しく増加していることに気づきました。
たとえば、東部における相互接続の周波数応答は、この間で大幅に低下し、小さな電力外乱が次第に増えて 結果的に大幅な周波数偏差が生じています。

単独または大規模な相互接続された電源システムの周波数安定性の問題は、北米だけでなく世界的にも大きな関心事になっています。
大規模な電力システムの場合、安定性の向上により、年間数百万ドルに相当する数百メガワットの送電容量が増加します。


システムの安定性をシミュレーション

RT-LAB BERTAには、スピードガバナーで従来の開ループテストを実行するために必要な通常の機器に加えて、isochronousモードで動作するテスト済みのユニットとしての、リアルタイムシミュレーターが装備されております。(生成された電力に等しい負荷のみが供給されている場合)。

RT-LAB BERTAに統合されたリアルタイムシミュレータにより、ガバナとタービンが単独の電力システムで動作しているかのように反応することが可能になり、速度ガバナの調整とガバナとタービンモデルの検証が同じテストセッションで可能になります。さらに、シミュレーターには電源システム(PSS)安定化エミュレーターが含まれており、ユーザーはPSSが電源システム全体の周波数安定性に寄与するかどうかを判断できます。




Hydro-Québecレビュー記事
カナダのHydro-QuébecとスウェーデンのHydro-Québecは、新しい電力システム周波数制御テストベンチを使用して、スピードガバナーとタービンモデルを改善しました。

RT-LAB BERTAに統合されたリアルタイムシミュレータにより、ガバナとタービンが単独の電力システムで動作しているかのように反応することができ、速度ガバナの調整とガバナとタービンモデルの検証が同じテストセッションで可能になります。さらに、シミュレーターには電源システム(PSS)安定化エミュレーターが含まれており、ユーザーはPSSが電源システム全体の周波数安定性に寄与するかどうかを判断できます。

推奨される OPAL-RT ソリューション

BERTAテストベンチ
BERTAは、スピードガバナ、タービン、電圧レギュレータ(AVR)、および電源システムスタビライザー(PSS)向けの安全で信頼性の高いポータブルなテストベンチです。
エキスパートサービス
OPAL-RTは、ハイドロケベックと協力して計画、運用、および電力システムのシミュレーション研究所で得た専門知識を活用して、さまざまな動作条件やオンサイト電力下で、電力システムの安定性解析に関連する、プラントテストと動的モデルの識別と検証を含めた、さまざまな研究とテストを実行できます。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。