〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

HIL(Hardware-in-the-Loop)を使用したマイクログリッドコントローラテスト Part1

Author : Syed Qaseem Ali


HILとデモマイクログリッドを使用したマイクログリッドコントロールシステム

概要

マイクログリッド制御システムは、マイクログリッドの運用を目的に設計されており、負荷と電源の効率を考え、グリッドに接続された場合の運用を管理するという2つの主要な機能を備えています。

運用においては、利益の最大化、二酸化炭素排出量の最小化、電圧と周波数の調整の調整、負荷/発電のバランス調整など、さまざまな目的に合わせて設計します。
集中型または分散型アーキテクチャを備えたマイクログリッド制御システムが多数存在します。

さらに、マイクログリッドのパフォーマンス指標は、その運用目的に応じて変化する可能性があります。
これらの指標は、コントローラーまたは制御システムの選択、調達、および試運転の前に確認する必要があります。
このような指標認定とテストプロセスでは、破壊するようなテストリスクを冒すことなく、実際のシステムでテストすることが不可能であるすべてのケースで柔軟にテストできるテストベンチが必要です。

リアルタイムシミュレータは、たとえばIEEE標準 2030.8のようなテストを自動的に行えるようなテストベンチです。

プレゼンテーションでは、マイクログリッド制御システムの機能、そのアーキテクチャ、およびテストのためのさまざまなセットアップを紹介します。
ユーザーがさまざまなシナリオを手動で再生し、マイクログリッドコントローラーのコーナーケースをテストできるインタラクティブなデモも表示されます。

経歴

Syed Qaseem Ali: Syed Qaseem Aliは、OPAL-RT TechnologiesのAXES(Application eXpertise and Electrical Simulation)部門の送電および配電の分散型エネルギーリソースチームのチームリーダーです。
彼はマックギル大学で博士号を取得し、イリノイ工科大学で電力工学の修士号を取得しています。2017年からDER、マイクログリッド、マイクログリッドコントローラーのテストセットアップのモデリングに取り組んでいます


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。