〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

用途に応じた拡張性の高いハードウエア

ハードウェア

革新的なハードウェアソリューションの開発における数十年の専門知識に裏打ちされたOPAL-RTのユニークなアプローチは、 並列分散コンピューティングと市販のテクノロジーを統合し、パフォーマンス、オープン性、手頃な価格の比類のない組み合わせを提供します。

OPAL-RTの生産および運用チームは、PC / FPGAベースのリアルタイムシミュレーター、HIL(Hardware-in-the-Loop)テスト、 ラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)機器の製造に関してISO9000認定を受けています。


シミュレータプラットフォーム

OPAL-RTは、あらゆる産業分野のニーズと今後の課題に対応できる幅広いシミュレータプラットフォームを提供します。

すべてのシミュレータは、モジュール式の柔軟な設計に基づいており、特定のI / O要件に合わせて完全にカスタマイズおよび拡張ができます。


MuSE(Multi-System Expansion Link)

OPAL-RTのマルチシステム拡張リンク(MuSE)は、複数のFPGAベースのI / O拡張シャーシを接続でき、リアルタイムシミュレータのI / O機能が簡単に拡張できます。
  • 光ファイバー高速シリアルリンク(5Gbps)を使用して、シミュレーターから最大100 m離れたリモートI / Oチャネルにアクセスが可能
  • 最大4096の同期I / Oチャネルを接続可能
  • プラグアンドプレイ構成を使用して、最大16のリモートI / Oシャーシを追加可能

MuSE(Multi-System Expansion Link)はほとんどのOPAL-RTハードウエアプラットフォーム(OP4510 series, OP4200, OP5707 and OP5607)に対応しており ソフトウエアRT-LABと完全に統合されています。


FPGA とI/O Expansion Box

OPAL-RTの動作検証済みFPGAおよびI / O拡張ボックスをいろいろと選択することで、シミュレータプラットフォームのI / Oまたは通信ネットワークの数を拡大します。

複数の拡張ボックスを追加してシミュレーターの機能を向上させ、さまざまな業界のアプリに対して幅広いテストの可能性を提供します。


I/O Boards, Signal Conditioning, External Modules & Accessories

追加のI / Oボードを個別に購入したりシステム要件に合わせて追加して、必要なレベルのパフォーマンスを実現できます。

I / Oボード、信号調整、外部モジュール、アクセサリの広範なリストからコンポーネントを選択します。
これらはすべて、OPAL-RTのエンジニアリングエキスパートチームによってきちんと動作するように設定されています。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。