〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

モータモデル

RT-LABソルバーMachineModel

RT-LABのモータモデルは、Permanent Magnet Synchronous Motor(PMSM|永久磁石同期電動機)やInduction Motor(IM|誘導電動機)など様々な形式のモータのリアルタイムシミュレーションに対応可能です。


RT-LABモータモデルの特徴

モータモデルを構築するにあたって、インバータとモータにそれぞれボードを割り当てる形式の場合、ボード間の通信が必要になり、それによる遅延の懸念があります。

RT-LABの場合、インバータモデルとモータモデルは同一FPGAボードで実行される為、物理的な通信による遅延が生じません。
インバータ部分をパワエレ回路用のソルバであるeHSが担い、モータ部分をモータモデルが担います。

RT-LABのモータモデルは、JMAG-RTによる空間高調波モデルへの対応の他、AnsysやInfolyticaなどのFEAツールにも対応しています。


対応モータの種類

  • 巻線形誘導機(Doubly-fed Induction Machine)
  • かご形誘導機(squirrel cage Induction Machine)
  • 永久磁石同期電動機(Permanent Magnet Synchronous Motor:PMSM)
    ※"可変DQ:Variable DQ"と"空間高調波:Spatial Hamonics"に対応
  • スイッチトリラクタンスモータ(Switched Reluctance Motor:SRM)


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。